“おいしいオーラ”が漂う洋食屋さんの「ポークチャップ」ランチ

今、グルメマンガが熱い。ウマい店を訪ねて食べる系から実際に作る、取り寄せるetc.とテーマも細分化している。となれば、実際に食べてみたくなるのも当然。あの味はいかに……!? 店探訪系マンガで紹介された店で実食!

出張でランチをキメるなら!


創太郎の出張ぼっちめし』1巻第4話で、主人公の創太郎が神戸に出張の際、腹を空かせたあげく、食べログならぬ「食べモグ」で見つけた洋食店「神戸キチン」。歴史を感じる外観からも“おいしいオーラ”が漂う。注文したのは、マンガ同様「ポークチャップ」のランチ(1800円・税込み)。最初に運ばれてきたポタージュスープは、ブイヨンのうま味と香味野菜の甘みがじんわり。このやさしい味わいに期待感が膨らむ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1020505

ポタージュスープ いよいよポークチャップが目の前に。柔らかいうえに脂身の甘さと赤身のしっかりとした味わいはまさに口福。マンガでも甘辛いソースだけでご飯が何杯もイケると絶賛していたが、激しく同意。ソースの深いコクとケチャップの酸味がメチャうまなのだ。付け合わせのポテトやキャベツの素朴な味付けも箸休めにピッタリ。店主によれば、創業は昭和13年。レシピはまったく変わってないという。

あの[マンガ飯]を実際に食べてみた4

「ポークチャップ」のランチ(1800円・税込み)

「普通に作っているだけだよ」と謙遜するが、老舗洋食店の矜持を感じさせる。食後のコーヒーを頂けば創太郎同様、仕事を忘れて思わずトロンとなるのでご用心。

洋食店「神戸キチン」【神戸キチン】
兵庫県神戸市中央区磯上通8-1-12 TEL078-221-5435 11:30~14:00、17:00~19:30 休日・祝 洋食の定番、「ハンバーグ」1800円(税込み)や「ビーフシチュー」2200円(税込み)も人気だ

●『創太郎の出張ぼっちめし』マキヒロチ/新潮社
いつかティファニーで朝食を』のスピンオフ作品。プロポーズした途端、同棲相手に振られた出版社勤務の創太郎31歳。全国の書店を巡るなかで、宇和島市の鯛めしや青森ののっけ丼など各地の美味に触れ、気づきを得ていく様を描く。行く機会があったら頼みたい「この店のこの一皿」がわかるのもいい

あの[マンガ飯]を実際に食べてみた4

『創太郎の出張ぼっちめし』マキヒロチ/新潮社

― あの[マンガ飯]を実際に食べてみた ―

創太郎の出張ぼっちめし

『いつかティファニーで朝食を』のフラれ男・吉田創太郎は出版社の営業部員。出張で全国を巡りながらグルメと新たな出会いを探すのだった…新感覚食漫画

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中