エキセントリックな味に衝撃!ハム+小枝+マヨネーズ…マンガ飯再現レシピ

今、グルメマンガが熱い。ウマい店を訪ねて食べる系から実際に作る、取り寄せるetc.とテーマも細分化している。となれば、食べてみたくなるのも当然。今回は料理レシピ系にのっとり実際に作ってみた。あの味はいかに……!?

超簡単&面白そう!これでウマかったら最高!


 1人前100円以下の激安レシピ満載の『貧民の食卓』2巻15話からは堅物教師・井山遥が、主人公・留吉への恋と食欲を混同してしまうほどおいしかったというパエリアを。イカと米を炒めてから調味料と炊飯器にインして待つだけと超簡単。だが炊き上がった米は味も薄く柔らかすぎた。水の量を調整するべきだったか。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=992333

 一方、おかゆにこんなにもレパートリーが!と驚かされるのが『おかゆネコ』。今回は2巻33話の二日酔いに苦しむ主人の八郎のために、主人公(猫)のツブが作ってあげた「ウコンのおかゆ」に挑戦。ウコン(ターメリック)はカレーに欠かせないスパイスで、これと炒め玉ネギペースト、冷えたお米、カレー粉、塩を少々。最後に福神漬けを投入して実食。見た目も黄色く水っぽい具なしカレーみたいな感じ! 二日酔いの体には確かにいいかも?

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=992361

 最後は、主人公コンブの独創的すぎるジャンク料理が人気だった懐かしの『OH!MYコンブ』1巻第2話。小学校のクリスマス会でコンブがクラスメートにふるまった「チョコボールホットミルク」は温めた牛乳にチョコボールを入れて飲むもので、想像以下でも以上でもない味。が、ハムに小枝(チョコ)を載せ、マヨネーズをかけて楊枝で包んで留める「ハムのちゃきん風小枝つつみ」はかなりエキセントリックな味であった。監修の秋元康先生、ちゃんと試食したのだろうか。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=992337

●『貧民の食卓』おおつぼマキ/新潮社
 母親が死んでしまった赤柿家は、無職のおとーちゃん留吉と食べ盛りの千夏、ハジメの3人家族。留吉は一日中ブラブラするダメ親父だが、アイデア料理の才能を持ち、1食100円以下の激安・激ウマ料理を家族や地域の人にふるまう。常に笑い声とツッコミが絶えない食事風景に、ほっこりする作品だ

あの[マンガ飯]を実際に食べてみた9

『貧民の食卓』おおつぼマキ/新潮社

●『おかゆネコ』吉田戦車/小学館
 コトリビールの営業職につく八郎は食生活が乱れがち。そんな主人のためせっせとおかゆを作る飼い猫ツブ。突如、「しゃべり病」にかかり、人間並みの知識を得た彼が作るのは「おかゆ」。レシピ付きで作中に登場するのは、紅ショウガのおかゆににんにくを利かせたおかゆペペロンチーノなどバラエティ豊か

あの[マンガ飯]を実際に食べてみた9

『おかゆネコ』吉田戦車/小学館

●『OH!MYコンブ』かみやたかひろ(画)秋元 康(企画・監修)/講談社
 合言葉は「オ~マイコ~ンブ!」。『コミックボンボン』『デラックスボンボン』で連載されたグルメマンガ(全12巻)。市販のお菓子や果物などの食材を使用したリトルグルメ(子供たちが考え、子供たちが作り出す新しいグルメのことだそう)が話題を呼び、マネする子も続出。’91年にはアニメ化もされた

『OH!MYコンブ』かみやたかひろ(画)秋元 康(企画・監修)/講談社

『OH!MYコンブ』かみやたかひろ(画) 秋元 康(企画・監修)/講談社

― あの[マンガ飯]を実際に食べてみた ―

OH!MYコンブ

合言葉はOH!MYコンブ コミックボンボン・デラックスボンボンで連載されたグルメマンガ。

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中