手羽ギョウザ、飛騨牛と鮎のピザ…家でまったりお取り寄せグルメ

今、グルメマンガが熱い。ウマい店を訪ねて食べる系から実際に作る、取り寄せるetc.とテーマも細分化している。となれば、実際に食べてみたくなるのも当然。あの味はいかに……!? 紹介されたマンガ飯を実際に取り寄せて試食を実施!

家でまったりお取り寄せするなら


 まずは、巣ごもりグルメの決定版『おとりよせ王子』から2品。ひとつ目は4巻33便で主人公・飯田が会社の同僚からもらった「つまみ揚げセット(若松屋)」。特においしかったのが、飯田が「横綱級」と絶賛した大ボリュームの伊勢ひりょうず。中には枝豆、たけのこ、ごぼうに、うずらの卵も入った超贅沢な揚げ物だ。価格は送料込み3000円。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1019948

あの[マンガ飯]を実際に食べてみた「つまみ揚げセット(若松屋)」

「つまみ揚げセット(若松屋)」

 4巻41便で、仕事の修羅場を抜けた飯田が「特別な日のとっておきピザ」として取り寄せた「鮎ピザ(泉屋物産店)」も驚きの美味。この店のピザは、鮎の塩漬け「鮎チョビ」など、鮎由来の調味料3種を使った鮎づくしのもの。頼んだ種類は、さらに味噌で味付けしたA5ランク飛騨牛と、鮎の稚魚×カチョカヴァロチーズがトッピングされた超豪華版だ。価格は2646円(送料別)と意外と手頃。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=991625

あの[マンガ飯]を実際に食べてみた「鮎ピザ(泉屋物産店)」

「鮎ピザ(泉屋物産店)」

 カエルが主役の異色グルメ漫画『ゆかい食堂』からは、Web掲載の「お取り寄せ編 第4回」から「かしわ工房 小林養鶏の手羽ギョウザ」を。主人公が「うまいもの×うまいもの=すごくうまいものに違いない!」と考え注文したその品は、「鶏手羽の中のひき肉がジュワッっ!!」という描写どおりの美味!「肉の中に肉」という男のためのマンガ飯だ。 価格は20本入り3780円(送料込み)だ。

あの[マンガ飯]を実際に食べてみた6

「かしわ工房 小林養鶏の手羽ギョウザ」

 そして都内を散歩がてら買ってほしいのが、『まんが道』で有名なチューダーをモチーフにした「チューダー飴」。豊島区トキワ荘通りの複数の店で100円で買えるぞ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=991619

あの[マンガ飯]を実際に食べてみた6

チューダーをモチーフにした「チューダー飴」

●『まんが道』藤子不二雄A/中公文庫ほか
藤子不二雄の青春がモデルの熱き自伝的マンガ作品。伝説のトキワ荘で彼らが食べたメンチカツサンドやチューダーは「食べてみたいマンガ飯」で必ず挙がる。なおチューダー飴は「子供でも食べられるように」と焼酎は入っていないが、本物のチューダーは『まんが道』にも登場するラーメン屋・松葉で今も飲める

あの[マンガ飯]を実際に食べてみた6

『まんが道』藤子不二雄A

●『おとりよせ王子 飯田好実』高瀬志帆/徳間書店
週に一度のお取りよせを楽しみにするSE・飯田好実が主人公の巣ごもり系グルメマンガ

あの[マンガ飯]を実際に食べてみた6

『おとりよせ王子 飯田好実』高瀬志帆/徳間書店

●『ゆかい食堂セレクション お肉編』くらふと/講談社
カエルとタヌキ(?)のキャラクターが、主に大阪の肉料理を出す実在店を巡る探訪記

『ゆかい食堂セレクション お肉編』 くらふと/講談社

『ゆかい食堂セレクション お肉編』くらふと/講談社

― あの[マンガ飯]を実際に食べてみた ―

まんが道

まんが家漫画のバイブルといわれる記念碑作

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中