39倍に価格高騰!「ジャパニーズウイスキー」が130万円で落札のワケ

バターや野菜の値段が上がったり、原油価格が下がったり。モノの値段は日々変動する。だが、安倍政権はインフレターゲット2%を目指していたはずなのに、デフレに戻るという予測も出ている。そんなご時世にニッチな需要から高騰しているものとは!? 直近5年のデータをもとに検証する。

「ジャパニーズウイスキー」に投機目的で海外マネーが流入。“一生飲めない”幻の酒に


 まず当たり前の話だが、モノの価格が高騰するのは需要に対して供給が追いつかないことが背景にある。そこに投機的なカネが入ってくると途端に価格がハネ上がる。

 今、そんな投機の対象になっているのが意外にも国産ウイスキーだという。年代物が高額取引されるのは、珍しい話ではないが、秩父の小規模蒸留所で造られた商品がなんと定価3万3880円の39倍の130万円で取引されたのだ。

●イチローズモルト ジョーカー モノクロ 3万3880円⇒130万円
……比較は定価とネット落札価格。埼玉県秩父市のベンチャーウイスキー社の蒸留所で造られるイチローズモルトは生産量が少ない

イチローズモルトジョーカーモノクロ

イチローズモルトジョーカーモノクロ羽生1985-2014

 酒類買い取りサイト「レッドバッカス」の小野寺真司氏が言う。

「昨今のハイボールブーム、朝ドラ『マッサン』効果で国内需要が高まり、国産ウイスキーの品薄状態が続いているところに投機目的の海外マネーが流れ込んだ結果、この1年で信じられないほど価格が高騰しました」

「レッドバッカス」でも高額商品に限れば、競り落とすのはほぼ外国人で、その8割は中国人だとか。

「日本人は3万円以上する商品にはまず手を出しません。その価格帯で十分においしいことを知っているからです。しかし投機目的で購入する外国人にとっては、希少性がすべて。日本国内でも珍しく高価なほど海外でさらに高く転売できるので、イチローズモルトのような流通量が少ないものは高値で取引されるんです」

 落札された商品は転売をくり返しながらマーケットを循環するので、購入者の喉を潤すことはほとんどないという。何とも残念。

― 局地的[高騰商品] ―

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中