「すみません」が口癖で彼女にフラれた 謝罪で人生が暗転した人々

謝り上手がゆえに「ピンチをチャンス」に変えてしまうケースは意外に多い。一方で謝罪したことで事態が深刻になることも……。今回はそんな「謝罪で人生暗転」した人々の声を集めてみた

●自転車で正面衝突。相手がかなり派手に転んだので土下座。「本当に悪いと思ってます?」との問いに頷いたら、「じゃあ、修理費出して」と20万円請求された。(31歳・出版)

●取引先の営業の細かいダメ出しを全面肯定し、誠心誠意謝ったら「なんで謝るんだよ、あれがアイツの手口なんだよ、仕事しづらくなるだろ」と同僚から総スカン。それ以降、職場で「無能なヤツ」の烙印を押される羽目に。(26歳・SE)

●職場での下積み時代が長いせいか「すみません」が口癖になり、それがキッカケで彼女にフラれた。(29歳・番組制作)

●某大手スーパーチェーンに誤発注のお詫びに手土産持参で行ったら「ウチの系列の商品をなぜ持ってこない?」と怒鳴られて取引を切られた。(32歳・食品卸問屋)

●謝罪した相手から会社に電話。「ハイ○○社です」といつもの口調で言ったら「ずいぶん明るい声だな? 反省してないね?」 とチクリとされた。(29歳・印刷)

謝罪相手の対応にもよるが、ただ謝れば良いってものでもない。「正しい謝罪力」を磨くことがサクセスへの近道なのかもしれない。


― すべてが好転する奇跡の謝罪力養成講座【5】 -

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中