急増中の「フェミ男子」は男としてモテるのか!?

 昨今、SNSを中心に増加中のフェミ男子。セクハラ、子育てなど、女性差別、女性蔑視につながるようなニュースがあると、女性よりも怒りを露わにし「こういうことをいう男がいるから、男が全員ダメだと思われて迷惑だ」と女性に寄り添った持論を展開する。「フラット目線」「共感目線」という意味では最高峰に位置する男性だが、女子からの意見は複雑だ。

急増中のフェミ男子は男としてモテるのか!?「女性の生きづらさをわかってくれてるなあ、ありがたいなあ、とは思うんですけど、そういう人とHをしたいかというと、それはまた別の話なんですよね。自分でも都合のいい言い分だとは思うんですけど」(27歳・メーカー)

「なんか、セクハラのニュースとかに女性よりも過剰に反応してるのを見ると『おまえに何がわかるんだよ!』とも思ってしまって……。自己顕示欲を発露する手段としてフェミな意見を言っている人って、何となく肌感覚でわかるんですよね」(31歳・飲食)

 インチキフェミ男子はしっかり女子に見抜かれているのだ。だが、自己顕示とは無縁のかたちで女性の働き方や子育ての問題に関心を持って積極的に発言しているような男性は、結婚相手としては最適と考える女性も多い。

「友達のフェミ男子は、話は合うし、結婚したら私の仕事を尊重してくれそうだし、子育てもふたりのこととして考えてくれそう。あとちょっとだけ、男としてのアピールがあれば恋愛対象としてもバッチリなんだけどな……」(28歳・通信)

 とはいえ、大前提としてフェミ男子の目的はそもそも女にモテることではない。むしろ、日々の振る舞いを「モテるか/モテないか」という価値基準で判断されることに対してこそ違和感を唱えたいはずだ。しかし「女性の生きづらさを理解したい」と考える高邁な精神が、フェミ男子と「男と女として関係したい」と考える女子を生きづらくさせているのだとしたら何とも皮肉な話だ。

 週刊SPA!12月8日号では属性と方法論を研究することによって「ヤレる女を見抜いてオトす技術」という企画を組んでいる。「方法論だけでなく、属性を研究すべし」というわけだが、その精度とはいかほどのものか。気になった方はぜひ手にとってもらいたい。〈取材・文/週刊SPA!編集部 イラスト/ただりえこ〉

週刊SPA!12/8号(12/1発売)

表紙の人/ R2-D2&C-3PO

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中