泥酔女子たちの絡み酒リポート。酔うとめんどくさいのはオッサンだけじゃない

忘年会シーズンの到来。来る日も来る日も酒が飲める季節。寝落ち、階段落ち、所持品紛失、二日酔い、嘔吐、果ては警察沙汰まで……失態もまたつきもの。他人に迷惑をもたらすほどの泥酔っぷりで、足元から人生まで、酒で狂った人々の現場を検証。正しい飲み方で楽しい年末を!

絡み酒&泣き上戸タイプ


 大衆居酒屋や横丁飲み屋街で、結構な確率で遭遇するのがめんどくさいオッサン。

酒場でのもらい事故には要注意「3度目のデートでカレが『面白い店に案内する』と野毛(横浜)の大衆酒場に。そこで昨晩から飲んでいるという謎の40代くらいの男が、『アンタらもうヤってるの?』『このコ、絶対ヤリまくってる顔だよー、お兄ちゃん気をつけなよ』と執拗に絡んできて……そんな店に連れていくセンスを疑うし、安く扱われたようでカレとはもう会っていません」(33歳・銀行)と、酒場でのもらい事故には要注意。

 だが、この手の絡み酒は泥酔女子にもよく見られる光景。

「同僚K子といつものワインバルでボトル2本目を開けたあたりで、結婚と老後という、いつもの話の流れで『私、あんまり長生きしたくないな』と何げなく言ったら、『イヤ! 早死にするなんて言わないで!』と派手に泣き出され、両隣のカップルから失笑。若干めんどくさかった」(39歳・広告)

 アラフォー女子の鬱憤はかくのごとく、見境なく向けられがち。

「女友達と泥酔中、偶然、好きだった男が来店。酒の勢いで『ねぇ、しようよ!』『抱いてくれないの?あ、ちっさいんだ、極小? 極細?』と下品にしつこく絡み、彼の友人たちもドン引きだったと翌日聞かされて猛省」 (38歳・自営)

 気づけば「誘われない人」になっていないだろうか。

取材・文/SPA!泥酔現場取材班

この記者は、他にもこんな記事を書いています

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中