【生死をさまよった酔っ払いたちの武勇伝】階段落ち、交通事故に大手術、自業自得のオンパレード

忘年会シーズンの到来。来る日も来る日も酒が飲める季節。寝落ち、階段落ち、所持品紛失、二日酔い、嘔吐、果ては警察沙汰まで……失態もまたつきもの。他人に迷惑をもたらすほどの泥酔っぷりで、足元から人生まで、酒で狂った人々の現場を検証。正しい飲み方で楽しい年末を!

負傷自滅タイプ


夜の階段 切った張ったの骨折したのと……よくある自業自得話も酔っ払いの数だけ存在する。

「フラれた女友達を元気づけようと飲んで踊っていたカラオケボックスのソファから落ち、テーブルの角で目尻を切った」(30歳・輸入・Sさん)

「近道しようと通り抜けた神社の階段を全落ちして歯が欠けた」(38歳・IT・女)

「忘年会の途中に気持ち悪くなり店の外で屈んでいたら、横の軽トラが急にバックしてきて轢かれた。酔っているせいか体の異変に気づかず、『大丈夫です』と帰宅したんだけど、翌日背中に激痛が……」(38歳・教師・男)など枚挙にいとまがない。

 慣れない外飲みをすると、こういう目に遭うというケースも。

「ジブリの映画のように、小動物たちと会話しながら酒が飲めたらどんなに幸せだろう。月のキレイなある夜、ついそんな思いが込み上げて……」と語るTさん・49歳。コンビニで角瓶を調達、井の頭公園のベンチでオッサンは一人飲みを始めたという。

公園のベンチでオッサンは一人飲みを始めた「フェネックやシマリスたちとひとしきり話し込んで“そろそろ”とお開きに。“ボクの城が見えてきた!”とアパートの外階段を上がっている途中で意識が途絶えました」

 翌朝、痛む頭部を抱え病院に駆け込むと、脳挫傷との診断。そのまま3週間入院し、会社にも迷惑をかけてしまったとか。

 泥酔していると痛みがないので周囲に恐怖を与えることも。

「深夜に寝ていたら、玄関先で音がしたので見てみると薄明かりの中浮かんだのは血だらけで笑う夫の顔。傷は大したことなかったけど、あの夜に見た光景がトラウマになって、夜、音がするだけで不安になってしまった(31歳・主婦)

 さらに、泥酔の結果生じる「負傷」にはこんなパターンもあったかと驚くのが次のケース。

「友人が婚約していたバツイチのカレが『7年前、二日酔いで会社のトイレにこもったものの、うまく吐けずに食道が破裂。吐瀉物が肺を押しつぶして生死をさまよったんだよ』とドヤ顔で語る背中には、あばら骨をざっくり切開した傷痕が……」

 命だけは大切に……。

取材・文/SPA!泥酔現場取材班

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中