酒に酔って理性をなくした深夜のエピソード。散財、キス魔、浴槽に大便が…

忘年会シーズンの到来。来る日も来る日も酒が飲める季節。寝落ち、階段落ち、所持品紛失、二日酔い、嘔吐、果ては警察沙汰まで……失態もまたつきもの。他人に迷惑をもたらすほどの泥酔っぷりで、足元から人生まで、酒で狂った人々の現場を検証。正しい飲み方で楽しい年末を!

倫理崩壊タイプ


 酒は飲んでも飲まれるな。わかっていても、酔ってハメを外す人の異常行動は尽きない。

「酔うと深夜営業のレンタルショップで一度に1万円分ぐらい漫画やDVDを購入したり、借りたりしてしまう癖が。忘年会シーズンなどになると月に10万~15万円ほどカードの請求が……」(38歳・広告・男)とは、他人に迷惑をかけていない分、無害。

酔ってハメを外す人の異常行動は尽きない「終電で人がほぼいない車両を見つけたのでラッキー!と乗車したら、至る所に吐瀉物が。しかも、その中心に、座って陶器のラーメン鉢から麺を啜る男がいたんです」(29歳・飲食・女)。一体どこのラーメン屋からどうやって?

「若者グループのある男性はあまりに酔っていたため、注文した焼きそばを取り皿に運ぶことができず、テーブルの上に直置きして食べていた」(38歳・銀行・男)

 壊れるときはとことん壊れる。ペットでさえ仕込まれる、大便小便の始末すら忘れてしまうことも。

「ある朝、あろうことか浴槽に大便が浮いていて。酔って帰った夫の仕業でした。以来、湯船に浸かるのが気持ち悪くて。酔って人格が崩壊すると知っていたら、結婚しなかったかも」(39歳・マスコミ)

「泥酔して帰った夫が夜中、大便を壁に擦り付けていて。問い質しても自分の行動を忘れていて謝りもしない。離婚を考えた瞬間でした」(43歳・アパレル)

 エロ化するのも酔っ払いの常。

「同僚が男女関係なくキスをしまくるので、ファーストキスを奪われた童貞男子もいる」(28歳・美容師・男)

「友達がいつも男を口説いて、どこかに消えてしまう」(30歳・アパレル・女)など定番の性のいざこざから「41歳のエリートサラリーマンの知人が、皆の知らない愛人の自慢を始めた」といった話まで。

 シラフに戻ったら人間関係が拗れているのが、この手の話の常。後悔しないよう、節度を持って飲もう。

取材・文/SPA!泥酔現場取材班

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】
 最強の恐竜とは何か?と聞かれれば、誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスだ。映画やアニメなどでおなじみの肉食恐竜だが、ティラノサウルスがなぜ最強なの…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中