年末は汚物入れとオムツを携帯するべき!? 酒に酔って嘔吐、放尿、脱糞する人々

忘年会シーズンの到来。来る日も来る日も酒が飲める季節。寝落ち、階段落ち、所持品紛失、二日酔い、嘔吐、果ては警察沙汰まで……失態もまたつきもの。他人に迷惑をもたらすほどの泥酔っぷりで、足元から人生まで、酒で狂った人々の現場を検証。正しい飲み方で楽しい年末を!

嘔吐&放尿&脱糞タイプ


 酔っ払いが引き起こす迷惑行動のなかでも、周囲から一番反感を買うものといえば嘔吐だ。そこで、どんな酔っ払いも一瞬で目が覚めるような迷惑事例を紹介する。

周囲から一番反感を買うものといえば…「終電間際の山手線で床一帯に、誰かの残した吐瀉物が。そこに女のコが駆け込み乗車してきた瞬間、転倒し、ゲロの海にダイブ。気の毒すぎて見てられなかった」(42歳・公務員・女)

「中央線で座っていると、前の立っている女子の様子に異変が。数秒後、マーライオンのようにゲロを吐かれ、避ける暇もなく直撃。許せない」(40歳・アパレル・女)

 など、やはり多かったのは電車内での迷惑事例。

 しかし、なかには「飲み会の帰り道、車内で後輩が吐きそうになっていたのを見た先輩。とっさに車内の中吊り広告をはがして漏斗形に丸め、そのなかにゲロを吐かせることに成功していた。その機転と行動力に、車内からは拍手喝采が起きていた」(39歳・製造・男)など、周囲のフォローによって最悪の惨事を免れたケースもある。

 だが、酔っ払いが引き起こすのは、「上からの粗相」だけではない。

「オシャレな街・代官山で酔っぱらい、トイレが見つからず、しかたがないので踊り場で放尿」(38歳・飲食・女)などはかわいいもので、

「飲み会帰りに近道で墓地を通り抜けているとき、酔っ払った後輩が『渡辺家でトイレを借りちゃった』と墓石の脇で立ち小便しはじめて、焦った」(40歳・不動産・男)など、罰当たりすぎる事例も。

「飲み会の帰り道、酔っ払った先輩と終電間際で満員状態の小田急線に乗車していると、先輩から異臭と異音が。なんと先輩は飲みすぎて下痢をしたらしく、たちまち電車内は液状化。汚物まみれの酔っ払いとその仲間として冷たい視線を受けた、あのいたたまれなさは忘れられない……」(35歳・貿易・男)

 と、もはや幼稚園児並みの失態を繰り広げる人もいた。

 上からにせよ、下からにせよその迷惑度ははかりしれない。我が身に不安を感じる人は、年末は汚物入れとオムツを携帯するぐらいの慎重さも必要かもしれない。

取材・文/SPA!泥酔現場取材班

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】
 最強の恐竜とは何か?と聞かれれば、誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスだ。映画やアニメなどでおなじみの肉食恐竜だが、ティラノサウルスがなぜ最強なの…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中