ケガ人続出! 狭い飲み屋街にある「魔の階段」を検証

来る日も来る日も酒が飲める季節。寝落ち、階段落ち、所持品紛失、二日酔い、嘔吐、果ては警察沙汰まで……失態もまたつきもの。他人に迷惑をもたらすほどの泥酔っぷりで、足元から人生まで、酒で狂った人々の現場を検証。

ケガ人続出の狭い飲み屋街【魔の階段を検証!】


 戦後の闇市や屋台街を発祥とする飲み屋街は、「いい雰囲気」であるがゆえに酔客どころか外国人観光客にも人気を博している。だが、いかんせん1軒の床面積が3坪~4坪半程度の長屋づくりであるため、必然的に間口が狭く階段が急な店が軒を連ねており、この階段でケガをする酔客が絶えない。

間口が狭く階段が急な店が軒を連ねる「ここ5年くらいで知っているだけでも3人は亡くなっている」(「バーM」ママ)、「知り合いの助監督が首を打って大ケガした」(50歳・脚本家)、「電話をかけようと外に出たら客が戻ってこない。見に行くと、ちょっとした段差で顔面からつんのめって額を割っていて救急車を呼んだ」(「Y」店主・Pさん)と、痛いエピソードは尽きず、「後から来た友人を迎えに行こうと階段を踏み外して頭を強打、自分が救急車で迎えに来られちゃった」(49歳・フリー)なんてオチ付きの自虐話を披露する客も。

 急なだけに下りるだけでなく、上がる苦労にもバカバカしい話がある。

「帰り際、階下から泥酔した客が、四つん這いで必死の形相で一歩一歩上がってくる姿に遭遇したことがある。そこまでして飲みたいのかと手を差し伸べた」(47歳・映画)、「上がっていく途中、帰る客が下りてきて、ゲロをぶっかけられた。客も店も最低なとこだよ、ここは」(49歳・IT)と言いながら、「じゃまた!」と帰っていく常連客たち。

 そこに酒がある限り、それでも酔っ払いは飲み続ける。

取材・文/SPA!泥酔現場取材班 ※写真はイメージです

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中