ケガ人続出! 狭い飲み屋街にある「魔の階段」を検証

来る日も来る日も酒が飲める季節。寝落ち、階段落ち、所持品紛失、二日酔い、嘔吐、果ては警察沙汰まで……失態もまたつきもの。他人に迷惑をもたらすほどの泥酔っぷりで、足元から人生まで、酒で狂った人々の現場を検証。

ケガ人続出の狭い飲み屋街【魔の階段を検証!】


 戦後の闇市や屋台街を発祥とする飲み屋街は、「いい雰囲気」であるがゆえに酔客どころか外国人観光客にも人気を博している。だが、いかんせん1軒の床面積が3坪~4坪半程度の長屋づくりであるため、必然的に間口が狭く階段が急な店が軒を連ねており、この階段でケガをする酔客が絶えない。

間口が狭く階段が急な店が軒を連ねる「ここ5年くらいで知っているだけでも3人は亡くなっている」(「バーM」ママ)、「知り合いの助監督が首を打って大ケガした」(50歳・脚本家)、「電話をかけようと外に出たら客が戻ってこない。見に行くと、ちょっとした段差で顔面からつんのめって額を割っていて救急車を呼んだ」(「Y」店主・Pさん)と、痛いエピソードは尽きず、「後から来た友人を迎えに行こうと階段を踏み外して頭を強打、自分が救急車で迎えに来られちゃった」(49歳・フリー)なんてオチ付きの自虐話を披露する客も。

 急なだけに下りるだけでなく、上がる苦労にもバカバカしい話がある。

「帰り際、階下から泥酔した客が、四つん這いで必死の形相で一歩一歩上がってくる姿に遭遇したことがある。そこまでして飲みたいのかと手を差し伸べた」(47歳・映画)、「上がっていく途中、帰る客が下りてきて、ゲロをぶっかけられた。客も店も最低なとこだよ、ここは」(49歳・IT)と言いながら、「じゃまた!」と帰っていく常連客たち。

 そこに酒がある限り、それでも酔っ払いは飲み続ける。

取材・文/SPA!泥酔現場取材班 ※写真はイメージです

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中