番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)

「さて、そろそろお仕事に取り掛かりますか?」

 と雲吞麺(ワンタンメン)を食べ終わった岸山さん。

 額にはうっすらと汗を浮かべていた。

 やる気満々、はち切れるほどの気力がみなぎっているのが、わたしにも伝わってくる。

「ひと仕事、終えたばかりなんです」

 とわたし。

「どうでした」

「まあまあでしたね」

 まるでウソ。

 ぼこぼこにやられました、とは口が裂けても言えない。いや、言わない。

「一人で打つのは、ちょっと不安です」

「コーヒーを飲む間、見学していますよ。そのうちIさんも降りてくるでしょう」

 ゲーミング・ルームに移動すると、岸山さんが新しいテーブルをオープンさせた。

 フロアの奥の方にある、1万HKD・ミニマムの卓だった。

 前日に、岸山さんとIさんが大勝したバカラ卓である。

 やっぱり、そうするよ。

「犯人は犯行現場に戻る」と指摘したのはドストエフスキーだったが、カジノ賭人は「勝利した卓に」戻る。

 おそらくこの法則に、例外はなかろう。

 岸山さんのカットで、シューが始まった。

 ほとんどのバカラ賭人は、シューのはじめの数手には手を出さない。

 勝ち目の出方をうかがうのである。

 ところが岸山さんは、最初の一手から手を出す。

 この時は、プレイヤー・サイドへミニマム・ベットでの1万HKD(15万円)。

 そして、ナチュラルを起こして、あっさりとプレイヤー側が勝利した。

 岸山さんは躊躇なく、プレイヤー・サイドでダブル・アップの2万HKDベット。

 これも難なく勝利し、またダブル・アップで4万HKDをプレイヤーを示す白枠内に。

「判断材料がないのに、どうやって初手のサイドを決めるの?」

 とわたし。

「判断の材料は、ないほうがいいんです。どうせ偽りの材料なんだから。初手は、自分の手が動いた方に張ります」

 と岸山さん。

 正論であろう。

 ケーセン(罫線=勝ち目が描く画)なんて、しょせん気休めだ。

 バカラにおいて、過去の記録は、未来の判断材料とは決してならない。

 ではなぜ、バカラの打ち手たちは、ケーセンという「過去の記録」を参考にし、じっくりと時間をかけて検証し、大切なおカネを、それも大枚なおカネを賭けていくのか。

 きわめて単純かつ明快な理由によってだ。

 ケーセンという「偽りの材料」以外に、判断の手掛かりとなるものが、まるでないからである。皆無。

 3手目も4手目も5手目も6手目も、岸山さんは恐れを知らないかのようにダブル・アップのベットで、プレイヤー側の連続楽勝。

 いきなりのツラだった。

 岸山さんは、6手目のオリジナル・ベット、および勝利でつけられた勝ち金を、手元に引き寄せた。

 初手のベットだった15万円は、10分間もしないうちに1000万円弱に化けてしまった。

 簡単なのである。

 それゆえ、怖い。

 だから、底なしに面白い。

 6連勝して、ここでため息をつきながら、岸山さんは考え込んだ。

 次手もダブル・アップするとしたら、64万HKD(960万円)のベットだ。

 メルセデスのEクラス・カブリオレの新車が買える金額となる。

 そりゃ、考え込むよな。

「L字ですかね?」

 と岸山さんがつぶやいた。

 どうやら、全額行く気らしい。

 青ざめていた。

⇒つづきはこちら
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)

~カジノ語りの第一人者が、正しいカジノとの付き合い方を説く!~
新刊 森巣博ギャンブル叢書 第2弾『賭けるゆえに我あり』が好評発売中

賭けるゆえに我あり

PROFILE

森巣博
森巣博
1948年日本生まれ。雑誌編集者を経て、70年代よりロンドンのカジノでゲーム賭博を生業とする。自称「兼業作家」。『無境界の人』『越境者たち』『非国民』『二度と戻らぬ』『賭けるゆえに我あり』など、著書多数。

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中