番外編その3:「負け逃げ」の研究(24)

「あっ、あっ、ああっ」

 と、岸山さんが鼻から切ない声を漏らした。

 どうやらカードの横中央に、マークの影が出てしまったようだ。

 岸山さんが、全身全霊を籠めて絞っていたのは、サンピン(6か7か8)のカード。

 サンピンのカードなら、プレイヤー側は、4プラス6でゼロ、4プラス7で1、4プラス8で2の持ち点となる。

「ほぼ」絶望的な状態であろう。

 しかしここで空気を抜いてはいけない。

 バンカー側が3枚目の配札で7を起こし、プレイヤー側は持ち点ゼロでも「タイ」のプッシュ(=引き分け)、あるいは持ち点1でも勝利となる可能性だって残されているのだ。

 カジノでは、なんでも起こる。

 すべての可能性が消去されるまで、諦めてはいけない。

 それじゃ、8のカードを起こし、プレイヤー側の持ち点を2にしたほうがいいのか、というと、実は8のカードを起こすのが、最悪だった。

 なぜなら、バカラの「3条件」で、プレイヤー側が3枚目で8を起こしたときのみ、バンカー側に3枚目のカードは配られない。

 したがって、この勝負クーは、バンカー側の勝利で決定してしまう。

 岸山さんの顔が、赤黒いものから蒼白なものにと変わった。

 だいぶん、空気が抜けてしまったようだ。

 そりゃ、そうだ。

 負けて、メルセデスEクラス・カプリオレ1台分の損失。

 勝てば、メルセデスSクラスが1台買えたのである。

「まだまだ希望はある」

 とは、わたしの励まし。

 はい、と頷いたものの、岸山さんの身体からすでに気迫は去っていた。

 どうやら、諦めちゃったようである。

 希望は諦めたときに、絶望に変化する。

 これは、カジノだけでの話ではなくて、日常生活あるいは諸事一般でも通用する心得だろう。

 あまり力も籠めずに、岸山さんはカードを更にめくった。

「アイヤア~ッ」

 と岸山さん。

 プレイヤー側3枚目のカードは、左右三点中央二点の8という最悪のカード。

 8であるなら、フィニートだ。

「バンカー・ウインズ、3オーヴァー2」 

 勝負に参加していないわたしにも、ディーラーの無感情な声が、遠くから響くように聞こえた。

「はい、これでアガリ」

 岸山さんが、席前に積まれたノンネゴシアブル(=ベット用の)チップのすべてを、ディーラーに向けて押し出した。

 わたしが感動したのは、岸山さんが吐いた次の言葉だった。

「1万HKDをやられました」

 そうかあああ、すごいなあああ。

 確かにこの朝、岸山さんが手を出したのは、7クーだけである。

 賭金のダブルアップでツラを追い、7手目には64万HKD(960万円)のベットとなってしまったのだが、元をただせば1万HKD(15万円)のベットで始まった勝負だった。

 すなわち、7手目を落としても、失ったのは1万HKDのみ。

 でも、フツ―の人には、そうは考えられない。

 メルセデスEクラス・カプリオレ分のおカネを失った、と考えてしまう。

「昨日は17目のツラのおかげで、ベントレー・ミュルザンヌの新車1台分以上を勝たしてもらった。今朝は楽しんで1万HKDの負け。上等でしょう。さてこれから香港でビジネスです」

 岸山さんは、思い切りよく席を立った。

 こういった思考方式をもつ人のみが、カジノで大勝できるのであろう、とわたしは思う。

 いたく感じ入った。

 でも、それはそれで他人のおカネ。

 わたしには教祖さまへの復讐戦が、まだ残されている。

⇒つづきはこちら
番外編その3:「負け逃げ」の研究(25)

~カジノ語りの第一人者が、正しいカジノとの付き合い方を説く!~
新刊 森巣博ギャンブル叢書 第2弾『賭けるゆえに我あり』が好評発売中

賭けるゆえに我あり

PROFILE

森巣博
森巣博
1948年日本生まれ。雑誌編集者を経て、70年代よりロンドンのカジノでゲーム賭博を生業とする。自称「兼業作家」。『無境界の人』『越境者たち』『非国民』『二度と戻らぬ』『賭けるゆえに我あり』など、著書多数。

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中