番外編その3:「負け逃げ」の研究(25)

 岸山さんと別れ、わたしはいったん部屋に戻った。

 コーヒーを飲みながら、これから起こるであろう教祖さま(荒磯さん)との戦いでの作戦を練る。
部屋の大窓から見下ろすマカオの街は、深い霧に沈んでいた。

 雨にでもなるのだろうか。

 勝敗確率50%の勝負に、実は緻密に練り上げるべき「作戦」などというものは存在しない。

 必要なのは、マネー・マネージメントだけである。

 ――勝負の機微は、駒の上げ下げ。

 何回も繰り返し書いてきたが、ゲーム賭博における勝負卓上の「作戦」は、これのみ。

 敵が昇り調子のときにはベットを抑え、敵が落ち目のときにどかんと行く。

 どれぐらい、行くのか?

 今回は一本勝負で決めよう。

 ごちゃごちゃと、取ったり取られたりする長丁場は、現在のわたしの状態には向いていない。それは、わかっていた。

 一本調子に駆け上がり、そこから一気に蹴落とされた。

 それでも、現在地点が「もう」底である、との保証はない。

 底さえ打っていたなら、這い上がれる可能性もあるのだろうが、じつはまだ転がり落ちている途中で、「まだまだ」の二番底が待ち受けているかもしれないのだ。

 ――もうは、まだまだ。まだまだは、もう。

 兜町格言だそうだが、これはゲーム賭博にもぴったりと当て嵌まる。

 というか、株取引だって、当たり前に博奕(ばくち)なのである。

 それにわたしはそもそも、「一撃離脱」を主戦法として、オオカミだのクマだのハイエナだのが群らがる博奕場で、これまで生き残ってきた。

 大舞台は、慣れた方法で演じるのが一番だろう。

 いくら、行くのか?

 これも決めた。

 一本、25万HKD(375万円)。

 その昔、まだ40歳代で勢いがあったころのわたしは、一手25万HKDくらいの勝負は、よく打った。

 勝ったり、負けたりした。

 総計してみれば、勝ったときの方が多かった、と思う。

 それゆえわたしは、いまでも息をしているのである。

 しかしそんなのは、戻らぬ夢のおさらい。ノスタルじじいの回顧録の部に属する。

 星霜を重ね、すっかりとしょっぱくなってしまった現在のわたしにとって、一手25万HKDの勝負は、ずしんと肚(はら)に響くほど大きい。

 でも、行こう。

 そう決めた。

 そして、岸山さんのように、「勝っても負けても、今回はこの一手で終了」としよう。

 このハウス到着時にわたしがした50万HKDのデポジットは、まだ手付かずでそのまま残っていた。

 したがって、たとえ25万HKDの大一番を失ったとしても、「『半ちぎり』で帰る」とする今滞在の「負け逃げの研究」の趣旨にはかなっている。

 これも、自分自身への言い訳だ。

 言い訳だけなら、無数に存在する。博奕では、どんな言い訳でも可能だ。

 しかし、負けることはあるまい、と無理やり自分を信じさせた。

 博奕は、とにかく信じるというところから始まる。

 そりゃそうだ。何の根拠もないものに、大枚のおカネを賭けていくのだから。

 大窓の外の霧が、大粒の雨に変わった。

 その大粒の雨が視界をさえぎり、マカオの街の灯は消えている。

 マリアナ諸島近海で発生した台風は、どうやら進路を西に向け北上中のようである。

 教祖さまは、このハウスだと通常、正午過ぎにゲーミング・フロアに降りてきた。

 それまで時間は充分にある。

 わたしは、バスルームにある大型ジャグジーに湯を入れた。

 頭の中を空っぽにして湯に浸かりたいのだが、なかなかそういうわけにもまいりません。

 泡を噴く湯船の中で手足を思いっ切り伸ばしていても、頭の内部は、妄想ばかり苦しゅうて。

⇒つづきはこちら
番外編その3:「負け逃げ」の研究(26)

~カジノ語りの第一人者が、正しいカジノとの付き合い方を説く!~
新刊 森巣博ギャンブル叢書 第2弾『賭けるゆえに我あり』が好評発売中

賭けるゆえに我あり

PROFILE

森巣博
森巣博
1948年日本生まれ。雑誌編集者を経て、70年代よりロンドンのカジノでゲーム賭博を生業とする。自称「兼業作家」。『無境界の人』『越境者たち』『非国民』『二度と戻らぬ』『賭けるゆえに我あり』など、著書多数。

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中