本場参戦!

蒲郡の一般戦、21日の最終日に行ってきました。

レース場に着くと私の参加しているボートレース愛好会のメンバーのお二方の姿が、、、

すぐに合流し、作り立ての愛好会Tシャツを着て記念撮影。笑

愛好会Tシャツ
黒のショーパンを履いていたので、着替えたらなんだか体操着みたいな感じになってしまって、少し恥ずかしかったです。笑

ボートレース愛好会のメンバー
レース場に行くのすら久しぶりでしたが、ボートレース愛好会のメンバーに会うのも久しぶりでした。

1人じゃないので、みんなに釣られて大きく手を振ることが出来て満足です☆

シャイなんで、1人だとどうもちゃんと応援出来ないんですよねぇ、、、

そんな私は今日1人で平和島へ行くんですけども、、、笑

終盤につれてメンバーがどんどん集まり、みんなで応援したりして楽しかったです♪

舟券収支はプラスに戻す気でしたが戻せませんでした。

けど楽かったのでもちろん悔いはないです♪

そして、優勝は磯部誠選手でしたよ。

おめでとうございます!!

愛好会のメンバーに、トトまるぬいぐるみハロウィンバージョンと実況の高橋アナのサインをいただきました(*´ω`*)

磯部誠
高橋アナのサイン
うれしいですっ♪

優勝モーターはさほど目立つ感じではなかったのかなぁ〜?と思いますが、やはりテクニックでしょうかね。

本人に直接聞いた訳ではないんでよくわかりませんが、、、

準優勝の廣瀬選手の引いたエースモーター38号機はかなり良さ気でした。

やはり目立ちますよね。

あとは気になるのでチェックした吉田凌太郎選手が引いていたモーター、11号機。

一般戦でB2の選手が引いたら穴が出るモーターなんではないか?と密か〜に思ってしまいました。

今までの機歴を見ると、10節中4名がB2の選手が乗っていて、その次にB1の選手が3名、その次にA2の選手が2名、唯一A1は浜野谷憲吾選手がSGで使用していました。

浜野谷選手以外は一般戦での使用です。

新しめのB2の選手、佐藤隆太郎選手と吉田凌太郎選手がこのモーターを引いて、なかなかの成績をおさめ、穴を出しているので気になるんですよね。

佐藤選手は浜野谷選手が転覆する前の節を走られていますが、浜野谷選手が転覆をされた後に走られた選手の結果を見ても悪くない感じだったので、エンジンに大きな支障はなかったのかな?とは思います。

今後は11号機を要チェックしていこうと思います。

増田美由紀
☆今週の舟券収支☆

10月21日〜27日
購入金額 2900円
返還 200円
−2700円

増田美由紀26歳、神奈川県出身。ボートレース唐津でピットリポーターを務めた経歴を引っさげて堂々のメンバー入り。ナイターレースを中心とした“夜のボートレース”の魅力を伝えていきたいとう実力派ボレ女

増田美由紀の他の記事

2016.10.28

SPA!ボートレース女子部員

白河雪菜 27歳、東京都出身。ボレ女の中心メンバーとして、各種メディアに精力的に出演。元プロ雀士として磨いた勝負勘を舟券テクニックに生かし、初心者の方でも高配当をゲットできるような、わかりやすい舟券テクニックを紹介
小林真希 21歳、大阪府出身。関西有名私大に在籍する秀才ボレ女。大学卒業後の夢はボートレーサー。舟券テクニックはまだまだ初心者でも、同世代の若手レーサーたちの魅力について熱く語っていく予定だ
篠原麻実 26歳、兵庫県出身。「尼崎と住之江を中心とした、地元密着な情報を女子目線で発信したい」という関西超LOVE!な地元愛に溢れたボレ女。キュートで落ち着いた雰囲気から“ボレ女の良心”とも言われる
柴田千恵子 21歳、和歌山県出身。艇界のエース、山崎智也選手を追いかけ続け、「今年は山崎さんの出るレースは全部1着で買い続けます!」と宣言。斜め上をいく発言と天然キャラで人気を集める、現役女子大生ボレ女
馬場絹依 39歳、新潟県出身。趣味のカートレースを通じてボートレーサーとも親交が深く、「勝ち負けを越えた感動がボートレースにはある!」が持論。また、POPライターとしても活躍中。メンバー唯一の人妻で日本酒をこよなく愛する
増田美由紀 26歳、神奈川県出身。ボートレース唐津でピットリポーターを務めた経歴を引っさげて堂々のメンバー入り。ナイターレースを中心とした“夜のボートレース”の魅力を伝えていきたいとう実力派ボレ女

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中