証券会社おすすめ比較(2016年版)

証券会社おすすめ比較ランキング! 株の売買手数料の安さや投資信託や海外株の取扱銘柄数、CFDやFXなど株以外の金融商品の充実度まで、さまざまな観点で証券会社を徹底比較! 株の初心者からベテラン投資家まで、簡単・便利・お得に使える、おすすめの証券会社をランキングで紹介。有名な勝ち組投資家が実際に利用している証券会社もこっそり公開! 投資する銘柄を選ぶ前に、まずは自分にぴったりの証券会社を選ぼう!

スペック表

【証券会社おすすめ比較】
売買手数料が安くて、初心者におすすめのネット証券はココだ!

■GMOクリック証券

口座開設 株式売買手数料(1約定ごと、税抜)
20万 50万 100万
GMOクリック証券は株式売買手数料が業界最安水準で初心者におすすめ!
97円 241円 436円
【GMOクリック証券のおすすめポイント】
東証一部上場の「GMOインターネット」グループの証券会社。ここ数年、急激に個人投資家の売買代金のシェアを伸ばし、大手5社の一角に食い込むほど人気上昇中。売買代金が増えていることが、日本株の売買手数料が業界最安水準なのに加えて、取引ツールの利便性も高いことを裏付けている。FXやCFDなど少額の資金で始められる金融商品が充実しているのも特長。 GMOクリック証券は株式売買手数料が業界最安水準で初心者におすすめ!

■マネックス証券

口座開設 株式売買手数料(1約定ごと、税抜)
20万 50万 100万
株初心者におすすめのネット証券!マネックス証券の口座開設はこちら!
180円 450円 1000円
(成行注文。
指値注文は
1500円)
【マネックス証券のおすすめポイント】
約定代金が10万円以下の場合の売買手数料が100円と、ネット証券の中でも安めに設定されているので、投資金額が少ない初心者におすすめ。また、米国株の取扱銘柄数は3000銘柄以上と、ネット業界では圧倒的に多く、売買手数料も安いので、米国株に興味がある人ならマネックス証券に開設すべき。中国株も1700銘柄以上でネット証券では取扱数が多い。投資信託の取扱数も900本超、うち申し込み手数料が無料(ノーロード)の投資信託が340本超、1000円から積立ができる投資信託も760本超あるので、コツコツと積み立てる長期投資にも活用できる。さらに、NISA口座では国内株の売買手数料が無料、外国株も購入時の売買手数料が全額キャッシュバックと、他のネット証券を上回るメリットがある。

■楽天証券

口座開設 株式売買手数料(1約定ごと、税抜)
20万 50万 100万
楽天証券は株式売買手数料が業界最安水準で初心者におすすめ!
185円 272円 487円
【楽天証券のおすすめポイント】
おなじみ「楽天グループ」の証券会社で、200万を超える口座数を誇る大手。2016年5月に売買手数料を見直し、「超割」コースの利用で業界最安水準に! 米国株や中国株、アセアン株など外国株が充実、投資信託も取り扱い本数が多く(2125本、2016年5月時点)、初心者からベテランまで納得の圧巻のサービス内容。 楽天証券は株式売買手数料が業界最安水準で初心者におすすめ!

■SBI証券

口座開設 株式売買手数料(1約定ごと、税抜)
20万 50万 100万
株初心者におすすめのネット証券!SBI証券の口座開設はこちら!
185円 272円 487円
【SBI証券のおすすめポイント】
350万口座以上(2016年3月末)はネット証券でダントツの最大手で、売買代金シェアもネット証券No.1。日本株の手数料は割安で、外国株も米国、中国、韓国、アセアンなど充実、投資信託の取扱数も2000本以上(2016年6月末)と、さまざまな投資サービスが総合的に充実している。IPOの幹事証券となることも多いので、短期・長期・海外・積立など、あらゆる投資機会を逃さない!

■ライブスター証券

口座開設 株式売買手数料(1約定ごと、税抜)
20万 50万 100万
株初心者におすすめのネット証券!ライブスター証券の口座開設はこちら!
97円 180円 340円
【ライブスター証券のおすすめポイント】
手数料の安さはネット証券の中でNo.1を誇るだけでなく、口座開設直後には40営業日で手数料が無料になるキャンペーンも実施中。投資信託は「ひふみプラス」1本だけ、海外株の取り扱いもないなど、いろんな投資をしたい人には向いていないが、その分、手数料はネット証券でもっとも安いので、日本株への集中投資を考えている人におすすめ!

見つかりません

リクエストされたアーカイブには何も見つかりませんでした。検索すれば関連投稿が見つかるかもしれません。