「Yahoo! JAPANカード」は年会費無料の最強カード!
いつでも高還元率で、Tカード&電子マネー利用時は
「ポイント2重取り」も可能なメインカード最有力候補!

「Yahoo! JAPANカード」は年会費無料ながら、高還元!
「Tポイント」が貯まるので、ネットだけでなく街中でもお得!


Yahoo! JAPANカード」は2015年4月に発行が開始されたクレジットカード。名前の通り、発行しているのは「Yahoo! JAPAN」を運営する「ヤフー株式会社」の子会社「ワイジェイカード」だ。

■Yahoo!JAPANカード

カードフェイス 還元率 年会費(税抜) 国際
ブランド
ETCカード
(税抜)
初年度 2年目以降
Yahoo!JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master


(年会費500円)
【Yahoo! JAPANカードのメリット、デメリット】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強!年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は合計3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に!「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、JCBブランドを選べば「nanaco」チャージでも1.0%分のTポイントが貯まるので、住民税や固定資産税、自動車税などを節税できる! ETCカードは年会費500円(税抜)。
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら

Yahoo! JAPANカード」の最大のメリットは、年会費が無料で、かつ還元率が高いところだ。通常の還元率1.0%も一般的なクレジットカードの還元率0.5%を比較すると2倍の高さ。さらに、Yahoo! JAPANが運営するオンラインショッピングサイト「Yahoo!ショッピング」と「LOHACO」ではいつでも還元率3.0%(通常のクレジット利用分1.0%、カード会員特典分1.0%、ショップ分1.0%)となるのだ。

 そして、「Yahoo! JAPANカード」を利用して貯まるのは「Tポイント」なので、有効期限を気にする必要もなく、ポイント交換の手間もかからず、1ポイント単位で「Yahoo!ショッピング」「LOHACO」で利用できるのはもちろん、街中のファミリーマートやマルエツ、ガスト、吉野家など、全国53万店以上(2016年5月末時点)のTポイント加盟店でも利用できる(※2016年5月末時点)。

「Tポイント」は有効期限がなく、ポイント交換の手間も不要、1ポイントから利用できるという点で、もはや現金と同等に利用できる共通ポイントだ。会員数は「Tポイント」が5894万人(2016年5月末時点)、同じく共通ポイントの「Ponta」は7792万人(2016年8月末時点)と、「Ponta」のほうが多いが、利用可能な店舗数では「Ponta」は約14万店(2016年8月1日時点)と、「Tポイント」のほうが3.5倍以上も多く、ポイントの使いやすさ、貯めやすさでは「Tポイント」のほうがリードしている。

 しかも、「Yahoo! JAPANカード」には「Tカード」の機能が搭載されているので、ファミリーマートやマルエツなどのTポイント加盟店では「Yahoo! JAPANカード」を提示することで「Tポイント」が貯まり、「Yahoo! JAPANカード」で決済することでさらに「Tポイント」が貯まるという「ポイント2重取り」も可能になる。「Tカード」機能が搭載されているので、「Yahoo! JAPANカード」をメインカードとして持ち歩いていれば、「Tカード」を忘れてポイントを取り逃すこともなく、しかも財布がかさばらないのもメリットだ。

「Tカード」の提示で貯まるポイントはTポイント加盟店によって異なるが、例えば、ファミリーマートでは「200円(税込)につき1ポイント」が貯まるので還元率0.5%。つまり、ファミリーマートで「Yahoo! JAPANカード」を利用すると、提示分0.5%+決済分1.0%=合計還元率は常に1.5%になるということ。

 このように、「Yahoo! JAPANカード」は、「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」でのネットショッピングでお得なだけでなく、街中でも「ポイント2重取り」でお得に利用できる、年会費無料のクレジットカードなのだ。

■Yahoo!JAPANカード

カードフェイス 還元率 年会費(税抜) 国際
ブランド
ETCカード
(税抜)
初年度 2年目以降
Yahoo!JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master


(年会費500円)
【Yahoo! JAPANカードのメリット、デメリット】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強!年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は合計3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に!「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、JCBブランドを選べば「nanaco」チャージでも1.0%分のTポイントが貯まるので、住民税や固定資産税、自動車税などを節税できる! ETCカードは年会費500円(税抜)。
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら

「Yahoo! JAPANカード」の国際ブランドは「JCB」がおすすめ!
「nanaco」チャージ分も「Tポイント」が貯まるので「節税」できる!


Yahoo! JAPANカード」はTポイント加盟店で「ポイントの2重取り」が可能になるだけでなく、電子マネーとの相性も抜群だ。

Yahoo! JAPANカード」は電子マネー「モバイルSuica(SMART ICOCA)」にチャージした際にもチャージ金額の1.0%分の「Tポイント」が貯まるのが大きなメリットなのだ。

 さらに、国際ブランドに「JCB」を選べば、「モバイルSuica」だけでなく「nanaco・モバイルnanaco」へのチャージ金額にも1.0%分の「Tポイント」が付与されるようになる。これにより、「nanaco・モバイルnanaco」や「モバイルSuica」を利用するとポイントが貯まる店舗でも「ポイント2重取り」ができるようになるのだから、「Yahoo! JAPANカード」をつくるなら国際ブランドに「JCB」を選ぶのが得策だ。

「nanaco・モバイルnanaco」を利用すると「nanacoポイント」が貯まるのは「セブン-イレブン」やイトーヨーカドー」「デニーズ」など、「モバイルSuica」を利用すると「Suicaポイント」が貯まるのは駅構内の「KIOSK」や「ニューデイズ」、街中の「スリーエフ」や「イトーヨーカドー」「紀伊國屋書店」などだが、特に「Yahoo! JAPANカード」で「JCB」を選び、「nanaco・モバイルnanaco」へのチャージ金額の1.0%分の「Tポイント」が付与されるのは大きなメリットがある。なぜなら、「nanaco・モバイルnanaco」は「セブン-イレブン」で住民税や固定資産税、自動車税などの税金のほか、国民健康保険や国民年金などを支払う際に利用できるからだ。

 つまり、「Yahoo! JAPANカード(JCB)」でチャージした「nanaco・モバイルnanaco」で税金を支払うと、それだけで1.0%の「節税」になるのだ! ただし、通常は「nanaco・モバイルnanaco」を「セブン-イレブン」で利用すると「nanacoポイント」が付与されるが、残念ながら「公共料金等の収納代行サービス」利用時は「nanacoポイント」付与の対象外のため、「ポイントの2重取り」とはならない。とはいえ、ただ「Yahoo! JAPANカード」でチャージした「nanaco・モバイルnanaco」で支払うだけで1.0%の節税ができるなら、利用しない手はないだろう。

■Yahoo!JAPANカード

カードフェイス 還元率 年会費(税抜) 国際
ブランド
ETCカード
(税抜)
初年度 2年目以降
Yahoo!JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master


(年会費500円)
【Yahoo! JAPANカードのメリット、デメリット】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強!年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は合計3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に!「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、JCBブランドを選べば「nanaco」チャージでも1.0%分のTポイントが貯まるので、住民税や固定資産税、自動車税などを節税できる! ETCカードは年会費500円(税抜)。
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら

旅行傷害保険、ETCカードなど、付帯サービスの充実度はイマイチ。
年会費無料の「エポスカード」などを併用してカバーするのがおすすめ!


Yahoo! JAPANカード」は年会費が無料ながら高い還元率を実現し、「Tポイント」の利便性の高さや電子マネーチャージでのポイント付与など、とてもメリットが多いクレジットカードと言える。

 しかし、還元率に特化したためか、付帯サービスは少し弱いところがデメリットとも言える。

 例えば、「Yahoo! JAPANカード」には海外・国内の旅行傷害保険は付帯していない。また、「ETCカード」を利用するには年会費500円(税抜)が必要だ。

 しかし、これらのデメリットは他の年会費無料カードを保有することで解消できる。例えば、「エポスカード」は年会費無料だが、最高500万円の海外旅行傷害保険が自動付帯で、ETCカードの年会費や発行手数料はすべて無料だ。しかも、「エポスカード」は全国7000店以上の飲食店やレジャー施設で割引特典などが受けられるので、「Yahoo! JAPANカード」のサブカードとして保有しておけばお得に利用できるだろう。

■エポスカード

カードフェイス 還元率 年会費(税抜) 国際
ブランド
ETCカード
(税抜)
初年度 2年目以降
エポスカード
0.5~10% 永年無料 VISA

(年会費無料)
【エポスカードのメリット、デメリット】
ファッションビルのマルイが発行するクレジットカード。年会費無料で通常還元率0.5%だが、年4回開催されるバーゲン「マルコとマルオの7日間」では還元率10%に。また、マルイを利用しない人でも、年会費無料ながら最高500万円の海外旅行傷害保険が自動付帯のほか、シダックスではカラオケルーム料金30%オフ+ポイント5倍、ファミレスのロイヤルホストでは飲食代10%オフなど、全国7000店以上のレストラン、レジャー施設を割引価格で利用可能など、保有しているだけでも得をする。さらに、条件次第で年会費無料になる「エポスゴールドカード」、格安の年会費で世界700以上の空港のラウンジを無料で利用できる特典などが充実の「エポスプラチナカード」もお得! ウェブ申し込み+店頭受け取りなら最短即日発行
エポスカードの公式サイトはこちら

 また、「Ponta Premium Plus[リボ払い専用]」は、年会費無料ながら最高2000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯。利用付帯だが最高1000万円の国内旅行傷害保険も付帯している(ETCカードの年会費や発行手数料も無料だが、「リボ払い専用」なのでETCカードを利用するなら前述の「エポスカード」がおすすめ)。海外旅行傷害保険は自動付帯なので、保有しているだけで補償が受けられるお得な年会費無料カードなので、「Yahoo! JAPANカード」のサブカードとして保有する価値は十分ある。

■Ponta premium Plus[リボ払い専用]

カードフェイス 還元率 年会費(税抜) 国際
ブランド
ETCカード
(税抜)
初年度 2年目以降
Ponta premium Plus[リボ払い専用]
2.0% 永年無料 JCB

(年会費無料)
【Ponta premium Plus[リボ払い専用]のメリット、デメリット】
年会費無料ながら最高2000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯(保有しているだけで補償が受けられる)。また、利用付帯だが最高1000万円の国内旅行傷害保険も付帯している、付帯保険がとても充実しているカード。還元率も一般加盟店で2.0%、Ponta加盟店なら2.0%+αと高還元。ただし、あくまで「リボ払い専用」のクレジットカードなので、利用する際には注意が必要。利用しなくても、保有しているだけで付帯保険の補償は受けられるので、サブカードとして保有しておくだけで価値あり!
Ponta premium Plus[リボ払い専用]の公式サイトはこちら

 ちなみに、「モバイルSuica」や「Suica」を利用している人なら「モバイルSuica」「Suica」のチャージ用に「ビックカメラSuicaカード」を併用するのもおすすめ。というのも、「ビックカメラSuicaカード」は年に1回でも利用すれば年会費が無料になる「実質」年会費無料カードながら、「モバイルSuica」「Suica」へのチャージ金額の1.5%が還元される「Suicaチャージ最強クレジットカード」だからだ。しかも「モバイルSuica」の年会費(税込1030円)も無料になる特典もある。「Yahoo! JAPANカード」と一緒に、「モバイルSuica」や「Suica」のチャージ専用カードとして保有しておくとお得だ。

■ビックカメラSuicaカード

カードフェイス 還元率 年会費(税抜) 国際
ブランド
ETCカード
(税抜)
初年度 2年目以降
ビックカメラSuicaカード
1.0~1.5% 無料 477円
(ただし、
年1回でも
利用すれば
次年度無料)
VISA

JCB


(年会費477円)
(※)
【ビックカメラSuicaカードのメリット、デメリット】
年会費初年度無料、2年目以降も年一回でも利用すれば年会費無料になる「実質年会費無料カード」にもかかわらず、通常還元率が1.0%。また、JR東日本の切符代のほか、全国で使える交通系電子マネー「Suica」や「モバイルSuica」チャージ分は還元率1.5%に! さらに「Suica」機能が付帯しているので、ビジネスマンやOLなど、移動が多く、財布の中身を減らしたい人のメインカードとしてもピッタリ!
(※ 年477円(税抜)。ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も無料)
ビックカメラSuicaカードの公式サイトはこちら

 このように、「Yahoo! JAPANカード」をメインカードに、ETCカードと海外旅行傷害保険用に「エポスカード」、海外旅行傷害保険をさらに充実させる「Ponta Premium Plus[リボ払い専用]」、電子マネーの「モバイルSuica」チャージ用の「ビックカメラSuicaカード」などの年会費無料カードと併用すれば、「Yahoo! JAPANカード」の高還元でお得という最大のメリットを生かしつつ、デメリットもカバーすることができる。しかも、すべてが年会費無料なのだから、併用してもデメリットは何もない。

■Yahoo!JAPANカード

カードフェイス 還元率 年会費(税抜) 国際
ブランド
ETCカード
(税抜)
初年度 2年目以降
Yahoo!JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master


(年会費500円)
【Yahoo! JAPANカードのメリット、デメリット】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強!年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は合計3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に!「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、JCBブランドを選べば「nanaco」チャージでも1.0%分のTポイントが貯まるので、住民税や固定資産税、自動車税などを節税できる! ETCカードは年会費500円(税抜)。
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら

「Yahoo! JAPANカード」のメリットは年会費無料で高還元!
さらにTポイントや電子マネーで「ポイント2重取り」ができて圧倒的に得!


Yahoo! JAPANカード」は年会費無料で高還元、さらに共通ポイントが貯まるという点で、「リクルートカード」や「楽天カード」と比較されるクレジットカードだ。

リクルートカード」は年会費無料、還元率1.2%で、還元率だけを見れば「Yahoo! JAPANカード」よりもお得なクレジットカードだ。

■リクルートカード

カードフェイス 還元率 年会費(税抜) 国際
ブランド
ETCカード
(税抜)
初年度 2年目以降
リクルートカード
1.2% 永年無料 VISA
JCB


(年会費無料)
【リクルートカードのメリット、デメリット】
年会費無料で還元率1.2%の超高還元クレジットカード。リクルートが運営するサービス「じゃらんnet」や「ホットペッパー」では還元率3.2%にも達する。貯まるのは「リクルートポイント」で、「じゃらんnet」や「ホットペッパー」などで利用できるほか、「Pontaポイント」に等価交換もできるので利便性も高い。しかも、国際ブランドにVISAを選んでも「nanaco」チャージでポイントが貯まる点も魅力。リクルートカードの公式サイトはこちら

 また、「楽天カード」も年会費無料で還元率1.0%と、「Yahoo! JAPANカード」と同じ条件となっている。

■楽天カード

カードフェイス 還元率 年会費(税抜) 国際
ブランド
ETCカード
(税抜)
初年度 2年目以降
楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA

JCB
Master


(年会費500円)
(※)
【楽天カードのメリット、デメリット】
楽天カードは2015年11月に会員数が1200万人を突破して、そのお得さは折り紙つき!通常還元率1.0%、楽天市場では最低でも4.0%還元、楽天トラベルでも2.0%還元なので、楽天グループ利用者で楽天カードを利用していない人は損!楽天市場ユーザー以外でも、サークルK、サンクス、ミスタードーナツなどの楽天ポイントカード加盟店でも得するのでおすすめ。さらに、JCBブランドなら「nanaco」チャージでもポイントがつく点も大きなメリットだ。
(※楽天ダイヤモンド会員、楽天プラチナ会員になれば無料)
楽天カードの公式サイトはこちら

 しかし、「リクルートカード」の場合は貯まるポイントが「リクルートポイント」。この「リクルートポイント」は「Ponta」と等価交換が可能だが、交換の手間が必要になる。さらに、前述の通り、Ponta加盟店は全国で約14万店(2016年8月1日時点)と、Tポイント加盟店の53万店(2016年5月末)と比較すると使える場所が圧倒的に少ない。また、「リクルートカード」には「Pontaカード」の機能が搭載されていないのも不便だ。もちろん、すでに「Ponta」を充分に活用している人なら「リクルートカード」がおすすめだが、これからクレジットカード+共通ポイントを積極的に利用しようと思っているなら「Tポイント」が貯まる「Yahoo! JAPANカード」のほうがおすすめだろう。

 また、「楽天カード」の場合は、貯まるポイントが「楽天スーパーポイント」で、「楽天市場」や「楽天ブックス」などネットサービスでは利便性が高いものの、それらを利用して貯まる「楽天カード」特典の「楽天スーパーポイント」は有効期限が翌月末までの期間限定というデメリットもある。また、「楽天スーパーポイント」の街中の加盟店もまだまだ少ないのが現状だ。そうすると普段から持ち歩くメインカードは「Yahoo! JAPANカード」を利用して、自宅でネットショッピングをする際に「楽天カード」を利用するというように、使い分けたほうがお得だ。どちらも年会費無料カードなので、上手に使い分けたほうが、むしろ得をするのだ。

 このように、「Yahoo! JAPANカード」は他の年会費無料のクレジットカードと比較してもメリットが多く、メインカードとして利用するには申し分ないスペックを備えており、数少ないデメリットも他の年会費無料カードを併用することでカバーできる内容となっている。

 年会費無料で、高還元な、お得なクレジットカードを探している人は「Yahoo! JAPANカード」を検討してみよう!

■Yahoo!JAPANカード

カードフェイス 還元率 年会費(税抜) 国際
ブランド
ETCカード
(税抜)
初年度 2年目以降
Yahoo!JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master


(年会費500円)
【Yahoo! JAPANカードのメリット、デメリット】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強!年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は合計3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に!「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、JCBブランドを選べば「nanaco」チャージでも1.0%分のTポイントが貯まるので、住民税や固定資産税、自動車税などを節税できる! ETCカードは年会費500円(税抜)。
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中