日本人の知らない日本【第2回:日本食はなぜ世界で人気があるのか】

日本食はなぜ世界で人気があるのか〝クールジャパン〟というと、「日本食」が取り上げられることが多い。食通に人気の『ミシュランガイド』(2016年版)では、最高レベルの三つ星が、東京13件、京都・大阪11件に対し、本家本元のパリは9件。二つ星では東京51件、京都・大阪45件に対し、フランス全土で82件と、世界的に権威のあるレストランの格付け機関が、東京をパリ以上の美食都市として評価している。そしてなんと、東京巣鴨のラーメン店「Japanese Soba Noodles 蔦」が、ラーメン店では世界初の一つ星を獲得している。

 伊勢雅臣氏は、日本食が世界で人気を得ていることについて、『世界が称賛する 日本人が知らない日本』(育鵬社)の中で、こう述べている。

 「考えてみれば、食べ物は、肉にしろ、魚にしろ、野菜や穀物にしろ、すべてもとは生き物である。その生き物の命をいただいて、我々は日々生かされている。そのことへの感謝が『いただきます』に込められている。食事そのものが、日本人にとっては生命をいただく神聖なる儀式、『神事』なのである」

 外国語に訳すことが難しいといわれる「いただきます」。
その感謝の気持ちが、日本の食文化には、神話の時代から息づいているのだ。

 「日本食がおいしく、かつ健康的だという特長は、多くの料理人が先祖から子孫へ、先輩から後輩に伝えられる伝統の中で、神事に携わる使命感を感じとって、愚直な努力を何世代も続けているところからきている。こういう努力が積み重なって、いまや世界の人々に好かれるほどに、日本料理はおいしく健康的になったのである。
 日本料理に携わる人々が、この日本の文化伝統をより自覚して取り組むことで、日本料理はさらに世界の人々に愛されていくだろう」

 私たち現代日本人の、何気ない振る舞いは、実は、長い年月のあいだに、知らず知らずのうちに培われた、〝日本人ならではのもの〟なのである。

(文/育鵬社編集部)

【伊勢雅臣(いせ・まさおみ)】
「国際派日本人養成講座」編集長
著書に『世界が称賛する 日本人が知らない日本』『世界が称賛する 国際派日本人』(ともに育鵬社)がある。

世界が称賛する 日本人が知らない日本

これぞ〝クール・ジャパン〟の決定版!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中