歴史博物館は、歴史の面白さを伝えられるか(3)――千葉県佐倉市に「国立」の歴博があった!

歴博の展示趣旨を記している看板

 さて、本題に戻ろう。国立歴史民俗博物館、つまり歴博は、千葉県佐倉市の佐倉城址にある。これが正解である。

 すでに開館以来33年を超えている国立の施設でありながら、その存在を知っている人はかなりの歴史通か、近隣の学校に通い社会科見学で訪れたことがある人であり、知らない人が多いのではないか。

 アクセスは、京成佐倉駅(南口)から歴博に行くバスがほどよい間隔で出ており、10分程度で到着する。アクセス上の不便はない。

 歴博の概要は、以下の通りである。

「約13万㎡の敷地に延べ床面積約3万5000㎡の壮大な規模を有する歴史の殿堂」
と同館のホームページに記載されている。平方メートル(㎡)だとぴんと来ないので、延べ床面積が1万坪を超えると記すとその大きさが分かる。

歴博は事業規模に対して、入場料収入があまりに少な過ぎる


 次に、予算面から見てみよう。

 歴博は、他の国立大学と同様に平成16(2004)年度以降、国の行政組織の一部から独立した法人格が付与された。

 その意味するところは、自立的に運営する権限が与えられた一方、「運営費交付金」、つまり国からの補助金(税金)が交付されるが、できるだけ自己収入や外部資金を獲得しなさいということだ。

 平成16年度~平成23年度までの運営費交付金を見ると、実に16億円から17億円の範囲で推移している。

 一方、自己収入の大きな柱である入場料収入を見ると、同じ期間で、1年度当たり平均して5000万円ほどに過ぎない(前掲の三十年史、36~37ページより)。

 入場料収入の運営費交付金に対する割合は、わずかに3%である。つまり歴博は、事業規模に対して入場料収入が少な過ぎるのである。

口コミで広がらない歴博の存在


 では、なぜ入場料収入が少ないのか? 関係者には申し訳ないが、はっきり言えば展示内容が面白くないため、口コミで歴博の存在が広がらず、リピーターも少ないことに起因しているように思える。 

 筆者は、平成20(2008)年の初春と、8年半ぶりの今年の初秋の二度、この歴博を見学したが、前述した広島・新潟の両県立歴史博物館を見学したときのような「日本の歴史ってこんなに面白いのか」という感動がわいてこなかった。

 この種の博物館は、不定期に開催される企画展より常設展示が大事になる。歴博では、この常設展示を総合展示と呼び、日本の古代から現代にいたる歴史を6つの展示室に分け、それぞれの時代のテーマのいくつかをクローズアップさせた展示方式をとっている。

 その展示方法は、それはそれでよいのだが、一言でいえば、展示内容が平板でメリハリがなく、歴史用語集の解説を読んでいる気分になってくる。

 もちろん国立の施設で膨大なお金をつぎ込んでいるだけあって、例えば越前(福井県)の戦国大名の「一乗谷朝倉氏本館」など、精緻に縮尺復元されている模型が多く見られるのだが、「それで何なの?」で終わってしまっている。

 前述したように広島県立歴史博物館では、「幻の町・草戸千軒」を「実物大」で再現しているため、自分がそこにタイムスリップした感覚が味わえる。

 再現されている草戸千軒の市場では、タイや干しアワビ、大豆や山芋などが売られている様子や、当時の鍛冶屋、下駄屋などの店内の様子や道具類も実物大で見ることができる。

 そのため当時の市場の様子や人々の暮らしぶりが実感でき、さらに、当時の街並みを60分の1のスケールの模型で再現しているため、全体像の把握にも役立つ。(続く)

(文責=育鵬社編集部M)


孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中