国立の歴博が、入場料収入をアップさせる秘訣(2)――「アジア・太平洋戦争」という用語

『正論』(平成25年9月号)の読者投稿の記事


 次に、「アジア・太平洋戦争」という用語である。これを見た時、違和感を覚えた。
 歴博が自ら発行している『国立歴史民俗博物館三十年史』では、

「その後、国史館建設事業は(中略)太平洋戦争の勃発にともなう経費・物資の不足などのため、計画は立ち消えとなった」(1ページ、平成26年3月発行)

 と記している。上記、太字部分が「アジア・太平洋戦争」と書かれていたら、多くの人は違和感を覚えるだろう。そのため、『三十年史』の発行では、歴博自らが「太平洋戦争」と記している。にもかかわらず、第6展示室の解説文では「アジア・太平洋戦争」と書くこの矛盾、相違は何なのか。

 同じような違和感を覚えた人がいて、千葉県成田市在住の上田真弓さんという方が、雑誌『正論』(産経新聞社、平成25年9月号、339ページ~340ページ)に投稿している。それが、上の写真である。

 アジア・太平洋戦争という用語をなぜ用いているかに関する歴博からの回答も紹介されており興味深い。

 歴博の回答は、概ね以下の4点に集約できる。
 ①歴史学界では、かつては、「15年戦争」と呼ばれることが多かった。
 ②近年、学界では、「アジア・太平洋戦争」と呼ぶことが多くなった。
 ③この呼称は、現在では多くの歴史教科書でも紹介されている。
 ④戦時だけではなく、戦後のなかでも補償や責任、和解などの問題が依然として続いていることを意識した用語であり、(歴博も)この呼称を使っている。

本当に多くの歴史教科書で紹介されているのか


 歴史学界の体質については後述するとして、まず③の「現在では多くの歴史教科書でも紹介されている」が本当なのかどうかを検証したい。

 格好の参考書があり、それは『ここまで変わった日本史教科書』(吉川弘文館、平成28年9月)である。この本の著者は、文部科学省で歴史教科書の検定を担当する現役の教科書調査官2名とOB1名が執筆しており、大変参考になる。

 その一節に、「『先の大戦』を何と呼ぶ?」というテーマがあり(172~175ページ)、小・中学校、高校の歴史教科書で用いられている戦争呼称について記述している。

 そのポイントは、以下の通りである。
(ア)2015年から使用されている小学校6年の教科書4点すべてが、「太平洋戦争」と呼 んでいる。(うち1点は側注で「最近では、アジア・太平洋戦争と呼ばれることも増えてきている」との説明あり)
(イ)2015年度に使用された中学校歴史教科書7点の本文記述では、次の通り。
「太平洋戦争」3点
「大東亜戦争」2点、見出しでは、太平洋戦争(大東亜戦争)と大東亜戦争(太平洋戦争)と表記
「太平洋戦争(アジア・太平洋戦争)」1点
「アジア太平洋戦争(太平洋戦争)」1点
(ウ)高校では、最も多くの生徒が用いている教科書を含め、7割の生徒が使っている教科書に「アジア・太平洋戦争」の用語がない

 このように、小・中学校、高校で用いられている歴史教科書においては、太平洋戦争の呼称が多数であり、「アジア・太平洋戦争」の呼称は少なく、歴博の「現在では多くの歴史教科書でも紹介されている」との回答は極めて不正確である。(続く)

(文責=育鵬社編集部M)

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中