2016年「覚せい剤・大麻」で逮捕された有名人を振り返る――アメリカ西海岸全域では“大麻解禁”の動きも

覚せい剤
 2016年は、大麻や覚せい剤をめぐる報道が世間をにぎわせた一年だった。そして今週発売のFRIDAY(12月16日号)によると、俳優の成宮寛貴がコカイ…

高樹沙耶も…大麻で逮捕経験があるミュージシャンが激白「大麻で逮捕は割に合わない」

DJ-JETBARON
 元女優、高樹沙耶の逮捕でにわかに「大麻」が話題になっている昨今。  諸外国では大麻を解禁する国も増え、医療大麻の有用性なども耳にするようになっていた…

VRのアダルトコンテンツにハマっています…もうリアルの女性はいらないという気持ちになりそうで怖い【28歳男性の不安】

仮想現実
【佐藤優のインテリジェンス人生相談】 “外務省のラスプーチン“と呼ばれた諜報のプロが、その経験をもとに、読者の悩みに答える! ◆仮想現実の世界にハマっ…

「薬物依存症は病気」治療はどうすればいい?

薬物依存症は病気…治療の道は長く険しい
 違法薬物の使用者は、憎むべき犯罪者だが、それ以上に、治療が必要な病気「薬物依存症」という病気を抱える患者でもある。そうした観点から、当事者やその家族…

離婚後、40代で覚醒剤に手を出した男の人生「栄養ドリンクをガブ飲みする感覚で使っていた」

おっさんシャブ中が語るハマった理由
「清原和博シャブで逮捕」の報は、イイ年こいた男が子供のおもちゃで遊ぶ情けなさがにじみ出ていた。だが、薬物専門家たちの話を聞くと、どうも今どきの覚醒剤は…

“中高年シャブ中”になるきっかけは、若い頃の覚醒剤体験

[シャブ中の高齢化]が止まらない!
「清原和博シャブで逮捕」の報は、イイ年こいた男が子供のおもちゃで遊ぶ情けなさがにじみ出ていた。だが、薬物専門家たちの話を聞くと、どうも今どきの覚醒剤は…

若者の覚醒剤離れ「今やシャブはダサい存在でしかない」

若者の覚醒剤離れ「今やダサい存在でしかない」
「清原和博シャブで逮捕」の報は、イイ年こいた男が子供のおもちゃで遊ぶ情けなさがにじみ出ていた。だが、薬物専門家たちの話を聞くと、どうも今どきの覚醒剤は…

清原だけじゃない「シャブ中の高齢化」。乱用者6割が40代以上の現実

覚醒剤イメージ
「清原和博シャブで逮捕」の報は、イイ年こいた男が子供のおもちゃで遊ぶ情けなさがにじみ出ていた。だが、薬物専門家たちの話を聞くと、どうも今どきの覚醒剤は…

清原が密売人に語っていた「下半身事情」…シャブと孤独が性癖も変えた!?

「男道」清原和博
 球界の番長から一転して地に堕ちた清原和博容疑者(48)。2月2日の逮捕から続く騒動は沈静化するどころか、さらにいきおいを増している。渦中の清原容疑者…

清原容疑者、逮捕直前のヤンチャ奇行の数々。山口組六代目・司忍組長のテーマ曲をカラオケで熱唱する姿も

kiyohara_01
 自宅マンションで覚せい剤を所持したとして、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)=東京都港区東麻布=…