野球賭博、清原逮捕…巨人軍をむしばむ“闇”の正体

巨人軍 闇の深層
 スクープにかけては、他の追随を許さない『週刊文春』。なかでも読売巨人軍のスキャンダルは独り勝ち状態だ。  反社会的勢力に1億円支払った原前監督に、清…

清原被告の初公判後もお構いなし…六本木では堂々と覚せい剤が売られている!?

清原被告初公判後もお構いなし?六本木のシャブ売り立ちんぼの実態
 今月17日、覚せい剤取締法違反で逮捕された清原和博被告の初公判が開かれた。弁護側の情状証人として、元プロ野球選手の佐々木主浩氏が出廷したことが話題に…

「薬物依存症は病気」治療はどうすればいい?

薬物依存症は病気…治療の道は長く険しい
 違法薬物の使用者は、憎むべき犯罪者だが、それ以上に、治療が必要な病気「薬物依存症」という病気を抱える患者でもある。そうした観点から、当事者やその家族…

離婚後、40代で覚醒剤に手を出した男の人生「栄養ドリンクをガブ飲みする感覚で使っていた」

おっさんシャブ中が語るハマった理由
「清原和博シャブで逮捕」の報は、イイ年こいた男が子供のおもちゃで遊ぶ情けなさがにじみ出ていた。だが、薬物専門家たちの話を聞くと、どうも今どきの覚醒剤は…

スキャンダルな人たちの再登場を勝手に予測【コラムニスト木村和久】

スキャンダルな人たちの再登場を勝手に予測【コラムニスト木村和久】
― 木村和久の「オヤ充のススメ」その113―  最近のスキャンダル連鎖をみると、ベッキーは清原容疑者で救われ、清原容疑者はショーンKの経歴詐称で救われ…

“中高年シャブ中”になるきっかけは、若い頃の覚醒剤体験

[シャブ中の高齢化]が止まらない!
「清原和博シャブで逮捕」の報は、イイ年こいた男が子供のおもちゃで遊ぶ情けなさがにじみ出ていた。だが、薬物専門家たちの話を聞くと、どうも今どきの覚醒剤は…

清原容疑者が通っていた“シャブ抜き”サウナは有名人御用達の店!? スポーツ選手、歌手だらけの異空間だった

サウナ
 覚醒剤取締法違反で逮捕され、すっかり“シャブ番長”の呼び名が定着してしまった清原和博容疑者。彼が逮捕前、港区東麻布の高級マンスリーマンションから、足…

PL学園の現在、かつてのマンモス校は見る影なし…

巨大な室内スポーツ練習場を建設中
 甲子園優勝7回、あまたの選手をプロ野球界に輩出してきた名門が消える――PL学園野球部問題を追い続けてきたノンフィクションライターの柳川悠二氏が“永遠…

ベッキー、清原ネタで大儲け!? ショーンKは? 「まとめサイト」管理人たちの弁

週刊文春2016年2月4日号。文春の放った「ベッキー&川谷砲」が方々に”恩恵”をもたらす!
「週刊文春」によるベッキー&ゲス川谷の不倫騒動を皮切りに、年明けから芸能界のスクープが続いている2016年。その「おこぼれ」に預かったまとめサイトは数…

麻薬取締官や警察はどうやって捜査情報を集めているのか?職質の基準は?

清原和博公式ブログより
あるときは市民の“オイタ”を見抜くため、またあるときは世相にブームを巻き起こしたりと、その道のプロたちが対象となるものを読み解く&トレンドを生み出すた…