黒木渚のアルバムをモチーフにした映画『うつろいの標本箱』制作秘話。原曲者・黒木渚、監督・鶴岡慧子、主演・櫻木百…女たちそれぞれの思い

実際の曲をベースに映画を作る苦労とは? 監督、原曲者、主演――女たちそれぞれの思い
 黒木渚が2014年にリリースしたアルバム『標本箱』をモチーフに、新進気鋭の鶴岡慧子監督が映画化に挑んだ『うつろいの標本箱』が、10月29日から東京・…

「私がコンビニの店長なら朝礼はちゃんとしたい」芥川賞作家・村田沙耶香が語る“コンビニ愛”

村田沙耶香
既存の価値観を根底から揺さぶる作風で、近年大きな注目を浴びつづけてきた作家・村田沙耶香。最新作『コンビニ人間』が第155回芥川賞を受賞し、現役のコンビ…

クレクレ女子は不幸になる…傑物に愛される近道は“金に負けない心意気”【西原理恵子×花房観音×生島マリカ】

クレクレ女子は不幸になる…傑物に愛される近道は“金に負けない心意気”【西原理恵子×花房観音×生島マリカ】
 生暖かい空気が猛暑の訪れを告げた某夜。麻布十番の隠れ家バーに、漫画家の西原理恵子、作家の花房観音、作家の生島マリカが現れた。傑出した才を誇り、自分の…

「“くれくれ女子”は幸せになれない」婚活女子に教えたいサバイヴ法【西原理恵子×花房観音×生島マリカ】

クズ男にまつわる話は尽きない……
 生暖かい空気が猛暑の訪れを告げた某夜。麻布十番の隠れ家バーに、漫画家の西原理恵子、作家の花房観音、作家の生島マリカが現れた。各々が「救いのないクズ男…

付き合う男がクズばかり…3人続いたら自分の“男スカウター”を疑え【西原理恵子×花房観音×生島マリカ】

「3人続いたら自分を疑え」西原理恵子が明かすクズ男の回避法
 生暖かい空気が猛暑の訪れを告げた某夜。麻布十番の隠れ家バーに、漫画家の西原理恵子、作家の花房観音、作家の生島マリカが現れた。以前からそれぞれと交流の…

藤田ニコルが明かす知られざる家庭環境「お母さんに『死ね』とか当たっちゃったりして悪かったと思う」

藤田ニコル
 昨年、おバカキャラとして瞬く間に大ブレイクした藤田ニコル。いまやテレビで見ない日はないほど人気の彼女だが、そのルーツは、決して裕福とは言えない家庭環…

酒を飲むと「俺のことを褒めてくれ!」と絡んでくるめんどくさい男の話【エッセイスト・犬山紙子】

犬山紙子
【週刊SPA!連載 痛男!(イタメン)】 ―『負け美女』のオトコ観察絵日記 犬山紙子 ― 「褒め言葉」への餓えがエスカレートすると……  夫が最近、シ…

水曜日のカンパネラ・コムアイ、大ブレイクした心情を語る「誉められても真に受けないタイプです」

水曜日のカンパネラ
 毒&ユーモア溢れる歌詞に、中毒性のある楽曲、そして自由すぎるステージパフォーマンス。独自の路線でインディーズシーンを突っ走ってきた「水曜日のカンパネ…

中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった――18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」

中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった――18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」
「17歳Hカップ黒ギャル支配人」として日刊SPA!に登場以来、大反響を巻き起こしてきた“このみん”こと園田好(そのだこのみ、18歳)。若くして様々な仕…

鉄道業界の出世コースは「勤務する駅の規模」と「所属する労働組合」で決まる

鉄道業界の出世コースは「勤務する駅の規模」と「所属する労働組合」で決まる!
 40歳ともなれば、会社内におけるゴール地点が見えてくるもの。一生ヒラ社員か、役員クラスまで登り詰められるか――。その基準となる出世コースは各業界で異…