雑学

新橋が危険エリアに!忘年会客を狙うボッタクリ事情。現役風俗嬢による一掃キャンペーンも

 忘年会シーズンの時期、トラブルが絶えないのがキャバクラや風俗のぼったくり被害だが、ここ数年は、新宿や池袋などの繁華街ではぼったくり被害の警戒・見回りが強化されていることもあり、その被害はピーク時より減少していると言われる。

 ボッタクリの種類は大きく2種類に分かれる。スナックやガールズバーなどサラリーマン数人組を狙った古典的なものと、居酒屋を利用しようとする団体客を狙った若者キャッチによるものだ。

新橋が危険エリアに!忘年会客を狙うボッタクリ事情 特に、新宿区では後者への対策が進みつつある。新宿駅南口から東口にかけては、ぼったくり被害を防ぐキャンペーンソング嘉門達夫氏が歌う「ぼったくりイヤイヤ音頭」が流れている。その歌詞は「生ビールを注文したらやってきたのは発泡酒」「皿に残ったエビフライ 次の客に出す」「特別料金知らぬ間に上乗せされていた」など、かなりリアルな体験談をもとにつくられている。

新橋が危険エリアに!忘年会客を狙うボッタクリ事情 自治体が本腰を入れて対策に乗り出すぼったくり被害だが、決して街からなくなったわけではない。新宿や池袋の監視が強まっている影響で、今年はその舞台が新橋エリアに移動しつつあるというのだ。事実、今年10月には新橋の中国系のスナックで泥酔客がキャストからクレジットカードを不正に使用される被害が数件発生している。

現役手コキ嬢が新橋を「一掃」!


新橋が危険エリアに!忘年会客を狙うボッタクリ事情 こうした新橋エリアのぼったくり被害を防止すべく、今月初旬には、人気オナクラ店の「かりんと」(http://akakari10.com/)の現役風俗嬢4名と風俗口コミサイト「kaku-butsu」(http://fuzoku.sod.co.jp/)のスタッフが合同で新橋駅前で啓発運動を実施。

 駅前のSL広場や繁華街で「一掃キャンペーン」を行った。内容はぼったくり被害を防ぐたすきをかけて街中のゴミ拾いをして「一掃」するというもの。

 1時間ほど駅前の繁華街をまわっただけで、タバコの吸い殻や空き缶がドッサリ。一掃された繁華街のゴミのように、ボッタクリ被害も一掃されてほしいものである。

 年末、夜遊びを楽しみにしているSPA!読者も、酔っ払った勢いでぼったくりキャッチに引っかからないように注意してほしい。 <取材・文/日刊SPA!取材班 撮影/我妻慶一>




おすすめ記事