恋愛・結婚

無修正・着エロ作品がアマゾン販売中止で、グラドルDVDが絶滅の危機

「今年2月、アマゾンから『日本映像ソフト協会』に所属するメーカーおよび大手事務所に所属するタレント以外はイメージDVDの販売中止が言い渡されました。それにより今後は、たとえ有名グラドルであっても販売できなくなりそうなのです」(大手着エロメーカー担当者)

無修正・着エロ作品がアマゾンで販売中止、今グラドルDVDが絶滅の危機 この大手通販サイト「アマゾン」の通達により今グラドルDVDが絶滅の危機に瀕している。アマゾン側が言う「大手事務所」とはバーニングやケイダッシュなど12社のみ。中小の芸能事務所に所属する、SPA!のグラビアでもおなじみの壇蜜や橋本マナミも例外ではない。

「アマゾンでの販売は中小メーカーにとっては生命線。売り上げの半数に迫る勢いなので『お達し』はかなりの打撃です」(中堅イメージDVDメーカー関係者)

 こうしたアマゾンによるDVD規制は、これまで野放しになっていた「無修正着エロ作品」群が引き金になっているという。今年1月に発売され、アダルト業界関係者の間でその過激さが話題になっていた一部の弱小メーカーのDVDシリーズがそれで、モデルをパイパンにさせ「極透け」や「丸見え」を謳う。見ればマンスジはおろかTバックを食い込ませ局部を強調。局部がアップになると、下着から女性器が透けて見える。中には暗がりのなかで、局部が見えるか見えないかのギリギリのラインを攻めるシーンもあった。

「マニアは下着越しはもちろん、暗がりのシーンで彩度を上げて鮮明にし、丸見えになったモデルの局部を楽しんでいます。メーカー側もそれをわかったうえで確信犯的に作品をリリースしているふしがあります」(着エロ業界に詳しいライター)

次のページ 
アマゾンでは2年前にも着エロDVD回収騒ぎ

1
2




おすすめ記事