雑学

「舌ブラシ」の使いすぎが口臭の原因に。味覚障害や舌ガンにも



 問題の口臭は「舌磨き」のやりすぎで、唾液の分泌が減っていたことが原因だった。池田さんの場合、さらに悲惨だったのは、舌にある「味蕾」がダメージを受け、味覚障害を引き起こしたことだ。

「舌がピンクになるのを目標に磨いていたら、明らかに味の感じ方が鈍くなっていきましたね……」

川崎健一氏

川崎健一氏

 舌磨きをやめてしばらくすると味覚は戻ったというが、慢性的、長期的な舌磨きは最悪の場合、舌ガンを引き起こす恐れも。

「舌には多くの細胞があるので、刺激を与えすぎるのは厳禁。市販されているアルコール入りのマウスウオッシュも刺激が強いので、使いすぎは要注意です」(川崎氏)

 デンタルフロスや歯間ブラシの雑な使い方で歯茎を傷つけるのも、炎症や口臭の原因に。口の中はデリケートなのだと肝に銘じるべし。

<やりすぎ厳禁ワースト5>
1位:舌ブラシ
2位:歯の磨きすぎ
3位:デンタルフロス・歯間ブラシ
4位:マウスウオッシュ
5位:歯石を無理やり取る

【川崎健一氏】
表参道矯正歯科院長。完全オーダーメイドの「見えない歯列矯正」に力を入れる。インビザライン専門医、クリアアライナー認定医

― クセになったら[ヤバい中毒]ランキング ―

1
2





おすすめ記事