恋愛・結婚

プロ客から見たキャバクラの世界【コラムニスト木村和久】

 その点、常連のプロ客は、店側に「この客はいつも2時間で帰る」みたいな、把握をされているので、キャバ嬢を小出しにされることは少ない。たいがい呼ぶコも決まっているしね。プロ客としては長居をしたり、シャンパン空けての大盤振る舞いなどはしなくていい。安定して長く通って貰えばいいのだ。それがプロってものです。  イベント中のお約束、ビンゴゲームは、ビンゴカードを配ってから、抽選するまでわざと1時間ぐらいかける。店側はビンゴ抽選の延長料金でがっぽり稼ぐわけだ。これもプロ客は、滞在時間を決めているので、「ビンゴの賞品は、女のコに渡して」と言って、さっさとチェックしてしまう。それが許されるのも、相手が顔馴染みだからである。  新人嬢においても、プロ客に一番に紹介し、店に慣れてもらうのはお約束だ。プロは、あてがわれた新人を、速攻口説くのではなく、まずは優しく、懇切丁寧に接する。新人嬢の約3日間の体験入店期間中は、気分を害して辞める可能性があるから、「なんて素敵なお店なの、お客さんも親切だわ」と、思わせて正式に入店を決めるように仕向ける。そして彼女が店に、腰を落ち着かせてから、ゆっくり口説くのがプロである。  プロ客がキャバ嬢を口説く段階で、一番大事なことは、「キャバ嬢が好意をもっているか」である。客が勝手に空回りして「来週は箱根の温泉決定だあ〜」とはしゃぐ一方、キャバ嬢は店に「温泉行こうって、しつこいんですけど、どうします?」なんて相談されてては、身も蓋もない。黒服に「適当に引っ張っておけば」と、言われて終わりだから。そういう「情報筒抜け客」にはなりたくない。いまどき「温泉に行こう」と口説く客も珍しいけどね。
木村和久

木村和久

 もしキャバ嬢が客に好意を持っていたら、結果はどうあれ、店には相談しないであろう。少しの秘密は、やがて大きな秘密になる可能性は充分にある。プロ客は最終的に「結果にコミット」して当然である。なんだかどっかの、ダイエットプログラムみたいですな。とりあえずキャバクラ行く前に、痩せてみますか。 ■木村和久(きむらかずひさ)■ トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦。著書に『50歳からのかろやか人生』
1
2





おすすめ記事