恋愛・結婚

「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち

【仕草編】 1.表情をコロッと変える:喜怒哀楽を素直に顔に出すので、めまぐるしく変わる表情がとても愛らしい。無邪気にクシャクシャな顔で笑ったり、頬を膨らませてスネてみたり……のさまざまなバージョンを備えている、らしい。 2.素直な気持ちで甘える:甘え上手。男は単純な生き物なので女子にお願いされたり、頼りにされることで萌えを感じるもの。素直に甘えられると「自分に気があるのかも!」とソノ気になる傾向もある、らしい。 3.リアクションはややオーバーに:オーバーリアクションによって素直さや無邪気さがアピールできる。ドラマでの石原は、大げさなくらいに手を振ったり、声を上げて喜んだりする姿がよく見られる、らしい。 4.ゆったりしたペースを保つ:スピーディーに変わる表情とは裏腹に動作はゆったりしているのが特徴。ペースを落としてゆったり動くことで女性らしさをアピール。ゆっくり唇を動かしながら話す・まばたきのスピードを落とすのも効果的。普段明るい印象の女子が、おっとりとした雰囲気を出すことで、ギャップモテを狙うことができる、らしい。 5.手指を繊細に操って動かす:女性の美しさや繊細さを表現するパーツとして挙げられるのが手や指先。石原は手を頬に当てたり、別れ際に小さく手を振ったりと、手指を繊細に操るのが得意。指先や手先に神経を集中することで、女っぽく色気のある仕草に仕上がる、らしい。ちなみに、このテクは歌舞伎の女形やニューハーフのあいだでも定番である、らしい。 6.唇を強調させる:唇は、男性がもっとも性的魅力を感じる部分。石原が良くやる唇を尖らせたり噛むようなしぐさは、男子の性的欲求を高める究極のエロ仕草である、らしい。 7.恥かしがる:恥ずかしそうに照れ笑いをしたり、上目遣いに見つめる仕草(※下記写真参照)は石原のテッパン。女子の恥ずかしそうなさまは、そうした男性の征服欲を刺激する、らしい。 ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1117931 星野はるあ キミのまわりにだってきっといるに違いない“なんちゃって石原さとみ”──コレでもう簡単にダマされることもないだろう……が、あえてダマされてみたいという気持ちも正直なくはない? <取材・文/山田ゴメス> モデル/星野はるあ 『~妄想芸能人~こんな石●さ●みが見たかった!』(桃太郎映像出版)が好評発売中! https://www.indies-av.co.jp/title/ymdd078/ 【山田ゴメス】 山田ゴメス1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。また『解決!ナイナイアンサー』のクセ者相談員の一人でもある。日刊SPA!ではブログ「50にして未だ不惑に到らず!」https://nikkan-spa.jp/gomesu(PC版)も配信中。著書『クレヨンしんちゃん たのしいお仕事図鑑』(双葉社)1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。脳神経外科医の菅原道仁先生との共著『「モテ」と「非モテ」の脳科学~おじさんの恋はなぜ報われないのか~』(ワニブックスPLUS新書)、ツイッターアカウント@gomes12081
1
2





おすすめ記事