デジタル

疑似SEXを体験できる「アダルトVRフェスタ」に潜入! HMD(ヘッドマウントディスプレイ)は何を買うべきか? を考察

 6月12日、秋葉原のビルのワンフロアを使って開催されたアダルト関連のVR技術を体験できる国内初のイベント『アダルトVRフェスタ01』。一般来場者の入場前に行われたプレス関係者向けの体験会には50を超えるメディアの取材が殺到。入場規制が敷かれ、我々取材班が到着したときにはすでにビルの階段に長蛇の列ができていた。

 VRとはバーチャルリアリティ(VirtualReality)の略。つまり仮想現実を体験するシステムだ。顔の動きに正確に反応するセンサーを備えたヘッドマウントディスプレイ(以降HMD)を装着することで、目の前の仮想空間に没入することができ、様々な疑似体験が可能となる。

 今年、パソコン用HMDのハイエンドモデル「Oculus Rift」と「VIVE」が発売開始。10月にはついに本命と言われる「プレステVR」の発売も決定した。USJなどのテーマパークのアトラクションに続々とVRが使用されるなど、まさにVR元年と言っても過言ではない盛り上がりをみせるなか、満を持してのアダルト系VRイベントの開催とあって開催前から注目が集まっていたのだ。

 待つこと数十分、やっとのことで会場入りした取材班。フロアは大きく分けて企業ブースと、クリエイターブースに分かれていた。

「なないちゃんとあそぼ!」

 まずはクリエイターブースへ。個人で開発したさまざまなアダルトVR技術が展示されるなか、特に人気だったのはVRゲーム「なないちゃんとあそぼ!」。

 エア注入型のダッチワイフに固定したスマホをセンサー代わりに使い、美少女とさまざまな体位で疑似セックスを楽しめるゲームソフト。裏返してバック、上にのせて騎乗位などさまざまな体位が楽しめる。つまりコントローラーを持たずに18禁ゲームをプレイすることができるのだ。没入感もすごいが、プレイ風景の滑稽さもハンパない! もし全裸で遊んでいる姿を家族に見られたらと考えると、相当リスキーな代物という気もするが……。

「スマホを固定すればどこにでも女性キャラが現れるので、ダッチワイフでなくオナホールに取り付けてもOKです。そこは臨機応変に楽しんでください。くれぐれもバレないように(笑)」(関係者)

次のページ 
他にも様々なアダルトコンテンツが!

1
2
3




おすすめ記事