スポーツ

歴代最多安打を更新! イチロー好調の理由は“四球率”の高さにあり



初球打ちを減らすイチローの変化を見よ!


 四球を選ぶことなく積極的に打つ――イチローの初球打ちは、彼の代名詞とも言えるスタイルだった。日本からシアトル・マリナーズへの移籍初年度、2001年の初球打ち打率は驚異の.434。しかし、年齢の衰えは隠せず、2015年の初球打ち打率は.171と低調な数字に終わっていた。

 今年も初球打ち打率こそ.222とやや低い数値だが、全体の打率は全盛期と見劣りしないしない.350近くをキープしている。これこそ、彼が「イチロー」から脱却した証拠となるだろう。

 確かに積み重ねた結果は偉大なものだ。だが、その前に彼がこの年齢でなお、絶えず変革を試みているプロセスにも注目したいものだ。

取材・文/石橋和也(Far East Division) photo by Corn Farmer via flickr

1
2





おすすめ記事