R-30

「結婚すれば貧困から抜け出せると思っていた…」年収150万円・アパレル女子を待ち受けていた現実


年収150万円の貧困女子が先頃結婚。「旦那の稼ぎで生活は楽になったのか?」を確かめにいった

「結婚してから余計生活に余裕がなくなり、友達とも一年以上遊んでいない」と語る前島さん。小遣いはゼロ。唯一の贅沢は、「月に一度だけ、仕事の合間に310円のキャラメルマキアートを飲むこと」だと気丈に話した