ニュース

「すき家」強盗犯 次なる標的は?

すき家強盗12月に強盗事件が発生した牛丼チェーン「すき家」では、あまりの強盗事件の多さから、異例とも言える警察庁からの「指導」が入ったことは記憶に新しい。

深夜でも1人の店員、そしてレジ会計方式。狙われる理由はすでにわかりきっているが、その他にも3月にネット上出回った「すき家強盗マニュアル」の存在が大きい。「マニュアルが最初に出回ったのは3年前だね」と言うのは、風俗店をターゲットにした強盗傷害事件で逮捕され、出所してきたばかりのJだ。

「実は強盗にはマニュアルはつきもの。以前、流行ったピッキングツールなんか、鍵屋が狙いやすい家の見分け方をマニュアル化してセットで売ってたろ。すき家も俺が逮捕される前(’09年)に、マニュアルが出回ってたよ」(J)

マニュアルは内輪で「極秘流通」するもので、高額で売買されるものではないという。犯罪グループが遊び半分で書き、読むほうも参考にしつつも笑いながら仲間内で読みまわすような感覚だという。すき家のマニュアルは偶然、ネット上に出たことから有名になったに過ぎない。だが、一旦ネットに出てしまえば、大量の模倣犯が出てしまう。

「すき家の強盗ブームで俺たちが新たに学んだのは、叩き方じゃない。防犯にかかるカネより、盗まれる被害額が少なかったら、ちゃんとした企業でも防犯対策はしないということ。そういう対応をする企業がほかにもあるなら、次のマニュアルがすぐできるよ」

すでに犯罪グループの間では、“すき家以後”の新たなマニュアルが存在するという。

「すき家と同じく、防犯対策の甘い店舗が書いてるマニュアルがある。そこには、うどんチェーンのYとかKとか、焼肉のAなんかが載ってる。売上金を毎日、店長が夜間金庫に持っていくチェーン店の情報もある。さらに最近流行っているのが『カネを積んで走ってる車両』。デリヘルの送迎車、自販機の集金車だね。ピザ屋のバイクもそうだし、新聞の集金バイクもそう。今は不況に震災で、食えない連中がゴロゴロしてる時代だから、そんなマニュアルがネット上に出て、素人の目に触れたら大変なことになるよ」

新たなマニュアルが出回れば、再びすき家のような模倣犯ラッシュが巻き起こってしまうのか。

12月19日発売の週刊SPA!「闇で蠢く[違法ビジネス]の手口を暴く」特集では、この「すき家強盗」を含む、全13の犯罪手口を公開している。以下、そのファイルリストだ。

File.1 すき家強盗マニュアル新版登場! 次はうどんチェーンと集金車だ

File.2 摘発2ちゃんねる薬物ルート、次はミクシィでの暗号商法!?

File.3 身元を変えて何度も最前線へ! 原発作業員派遣の深い闇

File.4 犯罪収益金でブランドを立ち上げる。オラオラ系マネロンの最新手口

File.5 万引き小中学生集団まで暗躍中! 知られざる盗品転売マーケット事情

File.6 食えなくなった元組員を囲い込む。年越しヤクザ村があった!

File.7 道具屋一斉摘発でより過激な行動に出る犯罪グループ!

File.8 イベントギャング団と化した警備員がニッチなシノギで生き残りをかける

File.9 行政の人間を装う被災者をダマす。仮設住宅一棟詐欺の悪質手口!

File.10 東北と沖縄で荒稼ぎしている! 被災地風俗嬢を利用した新商法出現

File.11 のぞき部屋摘発後も続々登場中! ホンモノ女子高生カフェに潜入

File.12 6000円で生AFが可能! 脅威の激安デリが都内にあった

File.13 泥酔女をさらってホテルに搬入! 街コンで準強姦被害が増えている

取材・文・撮影/週刊SPA!編集部

週刊SPA!12/27号(12/19発売)
表紙の人/剛力彩芽

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事