スポーツ

EU離脱決定の英国対決再び!非サッカー通でも楽しめる「EURO2016」決勝トーナメントの見どころ

 ベスト16が出揃い、今晩からいよいよ一発勝負の決勝トーナメントを迎える「EURO2016」。日本では深夜から早朝にかけて全51試合がWOWOWで生中継されている。グループリーグでは、組み合わせに恵まれたはずのポルトガルが3戦未勝利という波乱はあったものの、出場24チーム中16チームが決勝トーナメントに進める本大会のシステムに救われて決勝トーナメントに進出。有力国は揃って次のステージに進出を決めている。

前回大会「EURO2012」で優勝したスペイン代表 (C)Getty Images

 今回の「EURO2016」で、グループリーグ最大の注目カードといわれたイングランドvsウェールズ。英国のEU離脱の是非を問う国民投票直前に行われた宿命の「英国ダービー」は、その前評判に違わぬ劇的な試合展開を見せたが、決勝トーナメント1回戦では、早くも「第2の英国ダービー」を迎える。

ウェールズ代表のスーパースター・ガレス・ベイル (C)Getty Images

 推定1億ユーロともいわれる史上最高額の移籍金でレアル・マドリードに加入したスーパースター・ガレス・ベイルを擁するものの、チームとしては今回がEURO初出場で国際大会での実績は皆無のウェールズと、同じくEURO初出場で、レギュラーメンバーの大半は2部リーグに所属する北アイルランドが激突するのだ(ウェールズvs北アイルランドは日本時間25日深夜0時45分~)。北アイルランドは、そもそもドイツら有力国と同じくグループだったため決勝トーナメント進出を予想する人は少なかった。

 下馬評では3戦連発ゴール中、絶好調のベイル率いるウェールズの優位を予想する声が多いが、ドイツに善戦するなど堅固な守りを誇る北アイルランドにも勝機はある。折りしもEU離脱騒動で注目を集めることとなった英国だが、EU離脱派vs残留派の鍔迫り合い同様、最後まで目が話せない戦いが期待される。国民投票同様、番狂わせも十分ある。

イタリアの守護神ジャンルイジ・ブッフォン (C)Getty Images

 そして、もう一試合。いきなりの好カード、イタリアvsスペインにも注目せざるをえない(日本時間27日深夜0時45分~)。こちらは前回E大会の決勝と同じ組み合わせであり、早くもこのタイミングで再戦が実現することになったのである。ちなみに4年前は4-0というワンサイドゲームでスペインがイタリアを退けている。

 決して前評判は高くなかったものの、ゴールキーパーとディフェンスラインの選手が、すべて同じクラブチームに所属するという鉄壁の連携を軸にゲームの主導権を握るイタリアと、各ポジションにキラ星の如く輝くスター選手を配置するスペインの一戦は、一方的な展開に終わってしまった前回大会の決勝の再現となる可能性は極めて低い。

決勝戦は日本時間7月10日深夜3時~

 もちろんここで挙げた2試合以外にも、充実の内容でスペインを下し波に乗るクロアチアと、絶対エースであるC・ロナウドが復調の気配を見せるポルトガルのカードなど、見逃せない顔合わせは目白押しだ。欧州最強国を決める1か月は、ここからますます熱い戦いが繰り広げられる! <文/日刊SPA!取材班>

●UEFA EURO 2016 サッカー欧州選手権 WOWOW
http://www.wowow.co.jp/sports/euro/

ハッシュタグ




おすすめ記事