マネー

名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット【コラムニスト木村和久】

 一方迎え撃つスタバだが、これは男性客がコメダに流れるのではないかと思う。だって、男同士でスタバに入るのは、都会の意識高い系の人達がメインでしょう。コメダの地方店は、駐車場完備で、ファミレスの客をも奪ってますからね。ホンダのNボックスに乗ってるマイルドヤンキーは、断然コメダを選ぶと思う。コメダでお茶しながら、じゃこのままメシ食うかって流れになりそうだもの。移動ロスがなければ、多少割高に感じても、コメダで全部済ますのはありだと思う。  そもそもスタバは、映画「プラダを着た悪魔」など、ハリウッド映画に散々登場させて、イメージ戦略を打ち出して来た。けど食い物は少ないし、まあ最近は増やしましたが。わりと飲み物が高いし、気合い入った日には行くけど、毎日はねって感じなのだ。  毎日行くならそりゃドトールでしょう。出ましたカフェ界の第三の刺客の登場でおます。実はドトールの店舗数は1300を超えていて、一番でかいのだ。最初にパリのカフェに行って感動したオーナーが、日本でもこういうカフェができないだろうかと考え、お値ごろ価格で提供することを考えた。今や「ドトール・日レスホールディングス」という巨大企業に成長し、星乃珈琲店、エクセルシオール、コロラド、パスタの五右衛門などを運営してますからね。  ドトールは価格面で考えると、コメダやスタバより大分安い。そしてカフェ・ラテでは一番旨いと、個人的に思っている。だからひとりで入るなら断然ドトール。ひとりで食事する&安くあげたいならマクドナルド。カップルや女性同士ならスタバ。落ち着きたい&友達や仲間とつるむならコメダ。なんか棲み分けが出来ているような、気がしないでもない。
木村和久

木村和久

 そんなわけでコメダの快進撃が続いているが、やっぱり生姜焼きライスとか、ナポリタンとかをメニューに加えて欲しい。そしてアンナミラーズが1店舗しかなくなったというから、ライセンスを借りて、アンミラ調の制服にするとか。ひと手間加えて欲しいと思う、今日このごろでございます。 ■木村和久(きむらかずひさ)■ トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦。著書に『50歳からのかろやか人生』
1
2





おすすめ記事