ニュース

「夏休みは稼ぎ時」女子中学生が援助交際に走る理由

 夏休み真っ盛り。都会の一角にある公園では売春業を行う中学生が何人も集まる異常地帯になっている。都内に住む風俗ライターが語る。

「夏休みになると、池袋のある公園に中学生の立ちんぼが現れるんです。1日で4、5人は立ってますよ」

「夏休みは稼ぎ時」と語る中学生女子が援助交際に走る理由

「カラオケで本番を強要されたことも」と語る、中学2年。危険な思いをしてもやめる気はないようだ

 平日朝、噂の公園に足を運んだ。何の変哲もない公園だが、「駅前の立ちんぼスポットの取り締まりが厳しくなり、ここに流れてきたんです。付近に大型アニメショップがあるグッズトレードの聖地で、大勢のオタク女子に紛れられるからでしょう」(前出の風俗ライター)という。

 ふと視線の先に、どこか浮いた様子の幼い顔つきの2人組が立った。片方のコが指を3本見せてくる。「3万円」のジェスチャーだ。2人は埼玉から来た中学2年だという。

「学校の先輩から聞いて毎日、来てます。目の前で客を確認できるから出会い系よりこっちのほうが安全」

 援デリ業者にも属せず、夏休みを利用した立ちんぼ。そこまでして稼いだお金の使い途とは。

「コスプレイヤーなんで、その関係かな。月に10万とか服代に使うし」

次のページ 
手とクチで、1.5でどうですか

1
2
週刊SPA!8/16・23合併号(8/9発売)

表紙の人/ 柳ゆり菜

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事