スポーツ

ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード15=ハルク・ホーガンの証言――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第168回



 弁護側のローラ・ブレベッティ弁護士は、ホーガンへの質問を“4・13パッケージ事件”と“10・24パッケージ事件”に関する具体的なコメントへとシフトチェンジした。

――あなたはタイタン・スポーツ社のオフィスを通じてステロイドを購入したことがありますか?

「わたしがビンスの秘書のエミリーに電話を入れ、エミリーがザホリアン医師に連絡を取り、ステロイドをオフィスに配達してもらう、ということは何度かはありました」

――“4・13パッケージ”は?

「1989年4月に会社で(ステロイドを)受けとった記憶はありません」

――あなたが使用するステロイドの代金は会社が支払っていた?

「いいえ、自分が使う分は自分で支払っていました。ただ、わたしのステロイドをビンスが使い、その後、お金ではなく現物で(ビンスから)返してもらったことはあります」

――ビンスの専属ドライバーのジム・スチュワート氏が試合会場にステロイドを届けたことは?

「そういうことはなかったです」

――あなたが最後にステロイドを使ったのは1989年ですか?

「ええ、そのあたりですね」

――ふたりめのお子さんのニコラスくんが誕生したのは1990年6月ですから、リンダ夫人が妊娠したのは1989年9月という計算になります。“10・24パッケージ”の時点ではあなたはステロイドをやめていたのでは?

「わたしがステロイドを使用中に妻を妊娠させたことで、結婚以来、いちばん大きなケンカになりました」

 ホーガンは淡々とコメントし、ジェイコブ・ミシュラー裁判長はその発言に耳を傾けていた。(つづく)

斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

1
2
3





おすすめ記事