雑学

月15万円稼げることも…“ゲイ向けバイト”で稼ぐノンケ男性たち

 女性の“売春”が世界最古の職業としてまことしやかに挙げられるいっぽう、男性が提供する“エロ”がビジネスとして大々的に取り上げられることは、長い人類史上でもそう多くはなかった。

 しかし近年、ゲイ向けの商品やサービスを提供する“ゲイバイト”で、ちょっとしたお小遣いを稼ぐノンケ男性たちが現れ始めている。それらのゲイバイトはウリ専やゲイ向け媒体のモデルとは異なり、主にネット上のやり取りだけで済む場合がほとんどで、直接誰かと会ったり、自分の顔を広く晒す必要もない。いわば、ゲイ業界にもクラウドワークスの波が押し寄せつつあるのだ。

 本記事ではノンケ男性でゲイ向けのバイトをしている男性から聞いた最新のノンケ副業の実態を紹介しよう。

使用済み男性用下着販売


 女性の使用済み下着販売は手軽に稼げる錬金術として知られているが、男性の使用済み下着でも原価より高く売れるケースも少なくない。

※ゲイパン本舗HPより

 Webサイト『ゲイパン本舗―男区臭人(ダンクシュート)』は使用済みの男性用下着や靴下・スポーツウェアなどが販売されているゲイ向けのフリマサイトで、中でも「激臭」というのがキーワードらしく、“男の臭い”に特化したマニア向け商品を多く取り扱っている。

 いったい、どのようなニーズがあるのか。

「脱いだ後の下着や靴下を恐る恐る嗅いだ経験は誰しも一度くらいあると思います。あの臭いに興奮するという人は想像以上に多いんですよ」(経験者男性・32歳)とのこと。

 臭いフェチ向けの商品以外では、「プリケツ」「6つに割れた腹筋」といった男性の肉体美の写真や、「喘ぎ声」といった音声データもよく売れるらしく、「平均でも1商品5000円くらいにはなるので、月に15万くらい稼げる」(同)という驚きの利益率である。

 また、同サイトには希望の商品が出品されていない場合、自分の要望をリクエストできる「リクエスト機能」や、オプションを追加する機能などがあり、そうした買う側のマニアの要望を事前に知ることができるため、より確実に稼げそうだ。

  基本的には郵送でのやり取りなので、買い手に直接会う必要は一切なく、メルカリのゲイ版と認識するのがよいかもしれない。

次のページ 
ライブチャットで男のオナニー生配信

1
2




おすすめ記事