婚活に自信がない男性こそがお見合い市場の女性がぴったり?

婚活に自信がない男性こそがお見合い市場の女性がぴったり?

「恋人・夫婦仲相談所」を運営、“ニッポンの夫婦仲”を考えるコミュニティを構築している二松まゆみ氏。お見合いに走る男女をどう見るか。

「特にお見合い市場に女性が増えているというのは、割り切っているなあと思います。例えばバブル時代は、女性の男性への価値観に3高の残り香が漂っていたし、それが現実的に無理なら、ロマンチックな恋愛を求めるのが多くの女性の姿でした。婚活の中でも特にお見合いはどちらにも当てはまらない」

 白馬の王子様が迎えに来る前に自分を品評の場に上げる。その潔さを讃えたいという。

「急激な不景気に結婚時期が重なるという巡り合わせもあるでしょう。けれど、それとは別に、恋愛が万能ではないことも理解している結果だと思います。実際、夢や理想を追い、大恋愛をして条件のいい男性と結婚した女性でも、40代になる頃に幸せかといえば、一概にそうとは言えない。夫婦間の会話もなく、セックスもなく、悶々としている女性はたくさんいるのです」

 その意味では、お見合いという割り切りの中で、自分に必要な条件を決めて人生を前進させるのは力強さを感じるとか。

「周囲から漏れ聞こえる婚活は、女性のほうが熱い。一方で男性は、草食男子が増えたように見えます。彼らは性格もいいし、真面目に働くけど、決断力も強引さもない。放って置いたら“いつかは結婚”を思い描きながら、ズルズルと年だけとる。本当にそうなったら、結婚は難しくなるんじゃないでしょうか。それを思えば、女性の婚活がいかに前向きかわかります。男性は婚活に自信がないのなら、お見合いの中で女性に選ばれる手もあるのではないでしょうか」

【二松まゆみ氏】
恋人・夫婦仲相談所所長。夫婦仲に悩む主婦会員を集め、真剣に考えるコミュニティを構築。著書は『ニッポン男子の下半身が危機的なことに気づいたワタシ』(小社刊)

取材・文/佐々木直人 小野麻衣子(本誌)
アンケート協力/メディアパーク

― 本気で結婚したいならお見合いだ!【8】 ―




おすすめ記事