エンタメ

おっさんが好きな「キムタク主演ドラマBEST10」 今後やって欲しい役は「お笑い芸人」に「お坊さん」!?

 まずはロンバケ。1996年に放送されたキムタク伝説の序章とも呼べる作品だ。

※写真はイメージです

 主な理由としては、このようなコメントが寄せられた。

「クールでひねくれたキャラがカッコ良かった」(38歳・神奈川県)

「これぞ“キムタク感”が出てた」(43歳・宮城県)

 まさに、ロンバケが“キムタクらしさ”の原点だったと言えるのかもしれない。また、「山口智子との息がピッタリだった」(44歳・大阪府)、「2人の行く末が気になって毎週観ていた」(39歳・神奈川県)など、ヒロインとの恋愛模様や脚本・ストーリーが良かったという意見も多く寄せられた。

 続いて、同率で1位となった『HERO(第一期)』。2001年に放送されたのち、単発ドラマや劇場版など続編まで制作された、こちらもキムタク代表作のひとつ。

「普通ではありえない雰囲気の検事でおもしろかった」(42歳・愛知県)というコメントが象徴するように、作品においてキムタクが演じる職業やキャラクターにも注目が集まってきた。

 『HERO』では検事。過去の作品では、美容師(ビューティフルライフ)、パイロット(GOOD LUCK!!)、実業団アイスホッケー部(プライド)、レーシングドライバー(エンジン)、内閣総理大臣(CHANGE)、脳科学者(MR.BRAIN)などなど。

 このように個性的な職業が多かったが、2015年の『アイムホーム』では、上戸彩を妻役に、会社員で父親という、いわゆる普通の職業を演じたことでも話題となった。

今後期待するのは「お笑い芸人」に「お坊さん」!?


 では、そんなキムタクにこれまでにやっていない役・職業で、今後挑戦して欲しいものとは(※28項目から3つを選択)。意外な結果に驚きだ……!

次のページ 
キムタクにやってほしい役・職業ランキングTOP10

1
2
3
ロングバケーション [DVD]

山口智子・木村拓哉共演の超ヒット作





おすすめ記事