雑学

「時速60kmで走る車から手を出すとおっぱいの感触と同じ」説は本当か?

 昔から男子の間で有名な「時速60kmで走る車から手を出すとおっぱいの感触と同じ」という噂。この俗説を15年以上前に検証し、おっぱい再現の研究を続けているのが、“ムダサイエンティスト”の異名を誇る平林純氏だ。

「時速60kmで走行時に窓から手を出した風圧が Dカップに相当」説は本当か?「胸のカップ数は、アンダーとトップの差で決まります。つまり“何カップのおっぱいが半径何センチか”はおおよそ決まっており、その体積や重さもおのずと計算で導き出すことができるわけです」
 
 一方、走る車から手を出したときの風圧は、“ナビエ・ストークス方程式”という、気体や液体の流れの様子を表す方程式で求めることができるとか。平林氏は、指の隙間を流れる空気流のモデルまで作成して、これを計算した。

「結果、時速60kmの車から出した手にかかる力は約430g重。これはたしかにアンダー75cmの女性のDカップのおっぱいに相当する重さ。同様に、時速100kmならFカップ相当になります」

⇒【グラフ】はコチラ(平林氏作成、風速とカップ数の相関グラフ) https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1281430

「時速60kmで走行時に窓から手を出した風圧が Dカップに相当」説は本当か?

平林氏が情熱を傾けた試算により、「車の速度」と「手が感じるカップ数の重み」との相関が一目でわかるグラフが作成されている

「時速60kmで走行時に窓から手を出した風圧が Dカップに相当」説は本当か? しかし、これには重大な欠陥があったという。

「手にかかる風圧は一定なので、あくまでおっぱいを持ち上げたときの重さしか体感できません。残念ながら、揉んだときの弾力などは再現されないのです」

 だが、そこで諦める平林氏ではなかった。

次のページ 
おっぱい再現のために次に注目したのは?

1
2




おすすめ記事