エンタメ

ヒップホップグループ・TOKYO HEALTH CLUB――高所作業車に乗ったMVで「楽しく音楽やりたいのに」「なんでこんな目に……(笑)」

――前作「VIBRATION」も含めて、今までのTHCの作品は評される時に、ヒップホップとの距離感――それは得てして「ゆるい」と言われがちだったけど――や、アウトサイダー的な文脈で捉えられる事が多かったですね。だけど「MICHITONOSOGU」は、非常に真っ直ぐに、「ヒップホップとして格好いい事が出来る」という事実を提示した作品になっています。

JYAJIE:そこを狙って作ろうというのが、制作の原点にあったんですよね。

――「アウトサイダー」や「ゆるい」と見られる事に対するフラストレーションもあったし、同時にそのイメージを「シティ・ポップ」的な提示として利用してる部分もあったと思います。だから、そういったイメージをTHCに抱いてる人には、今回のアルバムの構成を意外に思う人もいるだろうなって。

SIKK-O:シティ・ポップ感を利用しようとしてたし、そう思われてもいいと思ってたけど、今回はそれを裏切らないといけないとも思ったんですよね。

JYAJIE:なんとなく、そういうシティ・ポップ感みたいなモノが流行りでもあるじゃないですか。

SIKK-O:それと同じことをやってもしょうがないし、『裏切らない裏切り』みたいなアプローチが出来ればなって。

――これまでのTHCの音楽から全く方向転換した訳ではなく、ポップで軽やかな聴感も含めて、延長線上にはあるといえます。ただ内包していたヒップホップ性のある部分に、パラメーターをかなり多く振っているように思えますが。

JYAJIE:根本的なTHCらしさは変わってなくて、進め方の違いだけだと思いますね。でもそこに向かう為に、トラックやリリックを変化させる事は意識しましたね。

――中でも「男と別れたばかりの女性」「彼氏と上手くいってる彼女」「仕事に忙殺されているOL」の3人の女性をメンバーがそれぞれ演じて、その3人が最後に合流してTHCのライヴに向かうという“TAXI”は、楽曲としても物語としても非常に優れていたし、物語をしっかり描くという変化をつけた一曲ですね。

SIKK-O:タクシーを題材にした曲が作りたいっていう前提があって、その上でDULLBOYが『乗ってる人が俺らのライヴを見に来るっていうイメージにしたらいいんじゃない?』って。明確なストーリーテリングは今までやってなかったし、しかもそれを女性の目線で書いてみるっていうことも、新しい方向性に進んでるこのアルバムに相応しいと思って。だけど、最初に話し合わないで作ったら、みんなやさぐれたOLみたいになっちゃって。

TSUBAME:女性のイメージ作りがヘタだったという(笑)。

SIKK-O:経験値が少ないんで(笑)。それで一人一人キャラクターになりきって、自分はどういう生活をしてる女の人なのか、みたいなことをちゃんと話し合って構成していったんですよね。SPA!世代のOLさんがこの曲に共感するかは気になりますね。

TSUBAME:答え合わせだ。

SIKK-O:ちゃんと正解だったのかって。

DULLBOY:女のコのことをあんまり分かってないのに、こういう内容を書くこともウケない?っていう「なんちゃって」な部分もあるよね。MVをもし作ったら、僕らが女装して出てくるパターンとかも出来そうだし(笑)。

JYAJIE:且つ“CITY GIRL 2015”とは違う街の書き方もしてみたかったんですよね。

次のページ 
「supermarket」はモヤさま2のエンディングにも起用

1
2
3
MICHITONOSOGU

“THCらしいヒップホップスタイル”を感じられる作品





おすすめ記事