ニュース

加計学園に市税96億円投入…でも潤うのは地元今治市ではなく岡山の業者

今治市長に近い工務店が下請けで工事を受注

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1342542

建設現場に掲示されていた「計画概要」を見ると、岡山県の業者ばかり。地元ではなく、岡山にお金が落ちることに

 建設業界事情通はこう話す。 「地元最大手のI工務店(愛媛県新居浜市)が工事を受注した大本組(岡山市)に話をしに行って、大本組とI工務店と菅良二・今治市長に近いK工務店(今治市)で共同企業体(JV)を組む条件で交渉したのですが、請負金額で折り合いがつかなかったようです。ところがその後、K工務店だけが単独で交渉、大本組の下請けに入ったんです。そのとき、菅市長が『K工務店を必ず使ってほしいと言って押し込んだようだ』との噂が流れました。市長は認めていませんが、K工務店は選挙で応援するなど物心両面で市長を支援していることで有名な業者です」  市長は財政負担について加計学園と交渉した際、「『工事の何分の一かは地元業者が請け負う』という条件をつけてほしい」と要求できたはず。しかし実際には「自分のお抱えの業者だけが潤う交渉をしたのではないか」という話が流れている。なお記者が市長を直撃して聞いたが一言も答えず、秘書課に取材を申し込んでも拒否された。  今治市は加計学園の獣医学部新設のために莫大な税金をつぎ込み、さらに37億円相当の土地を無償提供しておきながら、そのお金は地元にはほとんと落ちず、岡山に流れてしまっているのだ。 取材・文・撮影/横田 一
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事