雑学

あなたの好きな牛丼チェーン店は? 吉野家、松屋、すき家「牛丼御三家」人気対決

「牛丼チェーン店のない生活なんて考えられない!」(33歳・男性)

 サラリーマンをはじめ、庶民の強い味方・牛丼チェーン店。「うまい、やすい、はやい」と言えば吉野家のキャッチフレーズだが、牛丼チェーン店が1週間の生活サイクルに組み込まれている人も多いのではないか。“牛丼御三家”といえば、吉野家、松屋、すき家。それぞれが個性的な施策を打ち出し、切磋琢磨してきた。僕たちは、そんな牛丼チェーン店が大好き!

 そんなワケで、今回は日刊SPA!にて「あなたの好きな牛丼チェーン店は?」というアンケート調査を実施。読者619名が回答し、男女比は男性が90.5%、女性が9.5%だった。

 ちなみに店舗数では、すき家が1953、吉野家が1196、松屋が950(2017年9月※各社ホームページより)。牛丼チェーン店の王道といえば吉野家だが、2008年9月にすき家が上回り、その後は横ばい状態となっている。果たして、今回のアンケート結果は?

牛丼=======
Q.あなたの好きな牛丼チェーン店はどこですか?

1位 吉野家 50.2%
2位 松屋 27.1%
3位 すき家 22.6%
=======

 1位が吉野家、2位が松屋、3位がすき家だった。では回答者の理由を見ていこう。

やっぱり王道は吉野家「老舗でブレない」


 得票率50.2%で1位を獲得したのは吉野家だった。約過半数となる圧倒的な結果だったが、なかでも多く見られたコメントが「味がブレない」「老舗で安定している」「昔から牛丼の味といえば吉野家」。公式ホームページによると、創業は1899年。東京都中央区日本橋にあった魚市場に個人商店として吉野家が誕生したのだという。その歴史は120年以上!

「40年前にテレビのCMで“牛丼一筋80年”とうたっていたが、あの頃からのファンです」

 とはいえ、思い返されるのは2003年末。BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)問題によるアメリカ産牛肉の輸入停止で大打撃を受けた。吉野家は“牛丼最後の日”を宣言。その後、代替メニューの投入を余儀なくされるなど、約2年間にわたって苦境に立たされた。そんな荒波を乗り越えつつも牛丼の味を追求してきた歴史があるだけに、シンプルに牛丼を食べたい人が吉野家と答えたようだ。まさに「牛丼の原点」。

次のページ 
松屋・すき家を選んだ理由は?

1
2




おすすめ記事