エンタメ

現役グラドルが「婚活パーティ」に参戦、現実は意外と厳しい?――現役グラドル経営者・手束真知子



むしろ私が婚活パーティを主宰したい


手束真知子 こうして初の婚活パーティは、可もなく不可もなく気づけば終盤に。最後には「○番の男性/女性がよかった」と書く告白カードのようなものを提出します。

 計10人と会話した結果、私に届いたカードは……6枚!

 わぁ!私、モテてる!……と一瞬思ったんですが、冷静に考えると4人には全然刺さらなかったということですよね。これは現役グラドルとしては、どうなのだろう……。あ、ちなみに私は白紙で提出しました。申し訳ありません。

 不発に終わった婚活パーティからの帰り道、なんでこんなに気持ちがモヤモヤするのかと考えたんです。

 それはそもそも「パーティシステムに問題があるのではないか?」と思ったんですよね。視点を変えて経営者目線で婚活パーティを見てみると、もっと女子がドキドキするようなシステムを作れば、スムーズに婚活が進むのではないでしょうか?

 例えば「3年以内に結婚したい」とか「年収○○万以上」という条件だけでは誰が来るかわからない。それなら例えば、事前に相手が喋っている動画を見ることができるシステムを導入するだけで、テンションが上がって参加したくなるのに。アイドルだって、どんなコなのかわからなかったらファンは付いてきませんよ。

 そんなこんなで、婚活パーティに参加してみた結果、むしろ今年は婚活パーティを主宰してみたくなりました。もしかするとグラドル婚活パーティをやるかもしれません(笑)。どうしても経営者としてアレコレ考えているほうが楽しくてテンション上がってしまうんですよね……。う~ん、やっぱり婚活、向いてない?

手束真知子

ミスマガジン2004(原田桜怜名義)、SKE48/SDN48の元メンバー。現在はフリーランスで活動し、秋葉原でお店「発掘!グラドル文化祭」(guradorubunkasai.net)をオープン。店内では水着のグラビアアイドルが♡むぎゅむぎゅ♡してくれるむぎゅパンケーキが新名物として発売中。10年振りとなるグラビアDVD「軌道修正~ノーギャラ」も発売中。Twitterアカウント@machi_pie、ブログ「手束真知子のウマくいく法則」(http://ameblo.jp/machi-pie/)、17Liveアカウント(https://t.co/qRfhriKu0F
1
2




おすすめ記事