恋愛・結婚

マッチングアプリの成果は下準備で9割が決まる! 自撮りプロフィール写真はNG

 写真が整ったら自己紹介文の設定。 「アウトドアやスポーツでなく、女性が好み、初デートを想像できるものを趣味に書きましょう。例えば『カフェ巡り』や『食べ歩き』。コツは『肉寿司にハマっています』など、ハイクラス感で匂わせること。『ご馳走してくれるかも』と思わせたら勝ちです。また、10行程度に全文をまとめましょう」
最強のヤレる[マッチングアプリ]はこれだ!

自己紹介には、遊びではなく真剣であることを軽い文体で書くのも有効

 プロフィールが揃っても、本命に挑むのはまだ早い。続いてやるべきは“いいね集め”だという。 「最初の3週間に集中課金して、あえて+5歳までの年上、特にログイン頻度が高く、お返しいいねももらえる層いいねをバラ撒きましょう。いきなり本命を狙うのは裸でラスボスに戦いを挑むのと同じ。まずはラクな相手を攻めて自分の価値を高めるんです。いいねがいいねを生み、3週間たつ頃には本命の女性のほうからいいねが来ているかもしれませんよ」 <マッチングを引き寄せる4つの準備> ①凡人でも輝ける中規模アプリを選ぶべし ②「Foodie」で友人に写真を撮ってもらうこと ③初デートをイメージさせる自己紹介にせよ ④年上へのいいね集めで己の価値を高めよ 【荒野広治】 モテ期プロデューサー。Pairsをはじめとした複数のアプリで「いいね!」数全国1位を獲得。独自のモテ理論を確立し、セミナーを通じて多くの男性をモテ男に変えてきた <取材・文/週刊SPA!編集部> ※週刊SPA!3月6日号[最強の[マッチングアプリ]はこれだ!]特集より
1
2
週刊SPA!3/6号(2/27発売)

表紙の人/ 池田エライザ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白