恋愛・結婚

旧統一教会の新婚夫婦の家庭観「お互いにすべてが初めてだからこそ…」

 韓国発のキリスト教系の宗教である旧統一教会、現・世界平和統一家庭連合(以下、家庭連合)。日本では1964年に宗教法人として認証された家庭連合は1992年に人気絶頂だった歌手が入信していたことをきっかけに注目を集めた。

 「婚前恋愛・性交渉の禁止」が戒律として定められており、マスメディアを中心にバッシングを受けたことで覚えている方も多いかと思うが、そのほかの注目すべき点として「教会内離婚率の低さ」がある。

 3人に1人が離婚する現代の日本において、家庭連合内で結婚した夫婦の離婚率はわずか1%。離婚自体は教義に反するものではないというが、離婚率の低さの要因となる彼らの結婚生活、結婚観とは一体どのようなものなのか。

旧統一教会 本記事では前回に引き続き、家庭連合で出会って結婚した夫のOさん(27歳)と妻のTさん(25歳)の新婚夫婦のインタビューをお送りする。婚約、結婚を経て生活をともにし始めた2人のお話から、円満な夫婦生活のヒミツをひも解きたい。

合わないのは当たり前、結婚してからが本番


旧統一教会 約婚が決まったあとは、定期的に行われる合同結婚式に参加して「祝福」を受け、晴れて夫婦になることができる。とはいえ、結婚が決まってから、お互いにとっての“初めて”を積み上げていくというのは、どのような心境なのか。正直なところ見当もつかない。彼らはどのようにして関係を築いていくのか。

「喜怒哀楽を共有して、家族の時間を多くとれるようにしようということが2人に共通する家庭観なんです。そういったことを意識して、お互いの関係をつくってきました」(Oさん)

 喜怒哀楽を共有することを徹底している2人。新居に住みたてほやほやだが、付き合っていたときからすでに何度かケンカもしているという。

「私が韓国の大学に留学をしていて遠距離恋愛だったときに一時帰国することがあって。それなのに彼、会社の同期のメンバーと海外旅行に行く約束を入れちゃったんですよ! 『え、私が帰ってきているのに行くの!?』って(笑)。あのときはちょっとぶつかりましたね」(Tさん)

 彼と一緒にいたい彼女と、友達と遊びにいきたい彼氏の間で勃発するケンカ。よく聞く話ではあるが、お互いに異性との交際が初めてだとすると、どう歩み寄っていいのかわからないのではないかという気もしてしまう。しかし、ぶつかってしまったときの2人の答えは「お互いの気持ちを伝えあう」というところで一致している。

「僕はもともと、相手の機嫌がおさまるのを待つ傾向があったのですが、自分から意見を求めにいく姿勢が大事だなって。女性の側がどう思っているのかを聞いて、そのうえで自分の考えを伝えてすり合わせていきます」(Oさん)

「お互いにちょっと距離を置いて、少しおさまってきたときに『話をしよう』と切り出す努力をしています。お互いの気持ちを言い合って、『じゃあこうしていこう』とすり合わせていく感じです」(Tさん)

 2人の話を聞いていると、家庭観は一致していつつも、絶対的になしえたい“家庭像”はないように思える。

次のページ 
お互いにすべてが初めてだからこそ…

1
2




おすすめ記事