地方の国公立大が「カネなし・人気なし」の大ピンチ。定員割れ寸前の大学も

かつて国公立大といえば、旧帝大でなくとも地元ではエリート学生が集まる名門の象徴だった。ところが、最近は各地の地方国立大で志願者数が減少しており、一部では名門凋落などと囁かれている。