仕事

周囲に流されずに生きるには? アレンジが人生に変化を起こす<魂が燃えるビジネス>

 もちろん、アレンジを加えるのは義務ではありません。仕事で特別疲れている日に、「帰る道を変えなきゃルーティンになってしまう」と頑張っても苦痛しか残りません。また上司や同僚の確認も取らずに勝手にアレンジを加えたら、周りにいらぬ迷惑をかけてしまうでしょう。  そもそも今あるルーティンは無駄がないから、効率だから選択されています。勝手にアレンジを加えたら料理はまずくなり、ファッションはダサくなり、帰り道はただの遠回りになるかもしれません。  しかし、効率や決まり切った正解だけで生きられないのも人間の性です。物事は常に変化しており、ある時決まったルーティンが現在では非効率的だったり、すでに自分にとって魅力を失っている場合も考えられます。  意識を加えるのはほんのちょっとした瞬間で構いません。「今日はいつもと違うことをしてみよう」という遊びの感覚が退屈やマンネリを打破し、変化を起こす糸口になります。  大切なものを奪われ、要らないものを押しつけられる。人生の大半はそうなりがちです。しかし、それは誰が悪いという訳ではなく、それぞれが思惑を持ちつつ集団で暮らす人間が持たざるをえない歪みです。そして、その歪みを修正できるのは、その人自身だけです。なぜなら何を望んでいるかは当人にしかわからないからです。  あまりに流されたままだと、「こんなはずじゃなかった」と嘆くことになりかねません。ちょっとした瞬間に考えるひと手間を設け、自分の意識の領分を増やせば、何かに流されるのではなく、自分が見出した流れに乗れるようになります。 佐々木【佐々木】 コーチャー。自己啓発とビジネスを結びつける階層性コーチングを提唱。カイロプラクティック治療院のオーナー、中古車販売店の専務、障害者スポーツ「ボッチャ」の事務局長、心臓外科の部長など、さまざまな業種にクライアントを持つ。現在はコーチング業の傍ら、オンラインサロンを運営中。ブログ「星を辿るコーチャー。自己啓発とビジネスを結びつける階層性コーチングを提唱。カイロプラクティック治療院のオーナー、中古車販売店の専務、障害者スポーツ「ボッチャ」の事務局長、心臓外科の部長など、さまざまな業種にクライアントを持つ。現在はコーチング業の傍ら、オンラインサロンを運営中。ブログ「星を辿る」。著書『人生を変えるマインドレコーディング』(扶桑社)が発売中
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事