茶番だらけの就活…“ずる賢い学生”が受かる時代はいつまで続く?

日本の就活は今後どうなっていくのか。就活問題に詳しい東京大学の本田由紀教授は、こう解説する。「今年はやっと、絶望のなかに一筋の光が見えてきたと言えるでしょう。これまでの就活はタテマエばかりが横行する茶番劇でしたが、ようやく欧米モデルの実践的なスキルに基づく採用方法が、わずかですが広がりつつあります」