茶番だらけの就活…“ずる賢い学生”が受かる時代はいつまで続く?

 「売り手市場」と呼ばれている昨今の日本の就活事情だが、今後はどうなっていくのか。就活問題に詳しい東京大学の本田由紀教授は、こう解説する。 「今年はやっと、絶望のなかに一筋の光が見えてきたと言えるでしょう。これまでの就活はタテマエばかりが横行する茶番劇でしたが、ようやく欧米モデルの実践的なスキルに基づく採用方法が、わずかですが広がりつつあります」  就活における茶番とは、たとえば「学歴フィルター」が代表的だ。採用サイトから会社説明会に参加を申し込むと、Fラン大学では常に「満席」と表示されてハジかれてしまうのに、有名大学の学生を名乗ると簡単に申し込めるケースがある。  また、「インターンシップは採用とは無関係」と称しておきながら、実際は就活の前哨戦となっているのが実情だ。 「企業のばらまくウソを見抜いてずる賢く動ける学生は内定を取れるけど、真面目にタテマエを信じしまった学生は苦労する。是正されるべき、おかしな話です」  だが、この1~2年で企業側に変化が生まれてきたという。学生時代の成績を重視したり、特に理系では専門能力の有無を明確に問うケースなどが増えてきている。 「コミュニケーション能力や熱意といった曖昧模糊としたものではなく、具体的な基準に応じて賃金などの条件も変え、採用の可否を決める『ジョブ型採用』の萌芽が見える点は、評価できます」 →次ページ就職ナビサイト中心の就活からの見直しも  就職ナビサイト中心の就活に対しては、見直す時期に来ているとの声もある。教育社会学者の福島創太氏が指摘する。 「ナビサイトは、ボリュームゾーンである中堅企業と中堅大学生同士のマッチングには効果的ですが、優良企業にはナビがなくても志願者が集まるので、あまり意味がないのです」  本田氏もこう続ける。 「ナビサイトは、学生と企業それぞれに『多数の選択肢のなかから選べる』という幻想を振りまいてきましたが、それは両者とも疲弊させる結果を招きました。最近では、バブル期に盛んに行われたような、サークルのコネ等を利用した“一本釣り方式”(リファラル採用)への回帰も見られます」  理想の就活とは何なのか。企業と学生の模索はこれからも続く。 【本田由紀氏】 東京大学教授・社会学者。’64年、徳島市生まれ。東京大学大学院教育学研究科教授。専門は教育社会学。著書に『教育の職業的意義』(ちくま新書)、『若者と仕事』(東京大学出版会)ほか多数 【福島創太氏】 教育社会学者。’88年生まれ。早稲田大学法学部卒業後、リクルート入社。「リクナビNEXT」の開発などに携わる。退社後、東京大学大学院教育学研究科を修了し、同博士課程に在学中 取材・文/西谷...
2018年4月20日0 DownloadsDownload