恋愛・結婚

初体験は出会いアプリで…20代女性の告白「付き合った人としかしない」と思っていたのに

初体験の後、「付き合いたい」の言葉はなし

yuriケース2:ユリさん(仮名・21歳)  アイドルのような可愛らしいルックスで、どこか隙がある雰囲気を持つ大学生のユリさん。同級生からはそこそこモテるというが、彼女のタイプは「優しいおじさま」。同級生にそのようなタイプはおらず、出会いのために友人からすすめられたマッチングアプリを始めた。 「35歳以上が表示されるように設定すると、プロフィール画像がどストライクな38歳のおじさんを発見したんです。細すぎずマッチョすぎず、伊藤英明を無個性にした感じのイケメンでした。かっこいい!と思って即『いいね』。自分からメッセージを送って猛アタックしました」  そして、メッセージのやりとりが続いてもなかなか会おうとは言ってくれない彼を思い切って誘った。初対面の日は集合場所も時間も彼女が決めたという。 「ちょっと不安はありましたが、画像を複数枚アップしていて加工もしていなかったので、女のコほど詐欺写メということもないだろうと。実物は写真通りで、本当に素敵でした。レストランで意気投合して、二軒目のバーでは自分に男性経験がないことまで素直に打ち明けちゃいました」  好みの男性に出会えたことにテンションが上がった彼女だったが、その日は何事もなく帰宅。 「それから週に何度か食事に行くようになって、彼のことを本当に好きになってしまったんです。自宅にも行くような仲になれたけど、付き合いたいという気持ちが大きかったので、キスまでで止めていましたよ」  そんなピュアな関係でずっといられるはずもなく、相手に求められるがまま、なし崩し的にセックスする関係に。 「大好きな相手と初体験できてとても嬉しかったです。でも、彼から『付き合おう』という言葉はありませんでした。今も関係は続いていますが、基本的に彼は受け身なスタンス。私のことを好きだとは言ってくれますが、やっぱりちゃんと付き合いたいです。出会いが出会いだし無理なんですかね?」

ピュアな気持ちが仇を生む……腹の探り合いは必須

 今ではマッチングアプリがきっかけでの交際や結婚も多く、出会いの場であることは間違いない。しかし、まだ相手はアプリを使っているのでは? いずれまた別のアプリを始めてカジュアルに浮気されるのでは? と疑心暗鬼に落ち入りがち。また、必ずしもフリーの男女が利用しているわけでもないのも注意すべきポイントだ。  好きでもない男性とセックスしてしまったエリカさんと、彼氏いない歴=年齢なのにセフレを作ってしまったと嘆くユリさん。共通しているのは、男性側が何を求めているのか意思疎通をとっておらず、“良い感じの人に出会えたこと”に舞い上がり、大幅な遅刻や受け身の姿勢など客観的に考えれば“遊びじゃないのか”と不安になるようなサインを見過ごしてしまっていることだ。  アプリでどんどんマッチングするのは快感だ。経験が少ない彼女たちでなくても、異性からの好意を受けた気がして万能感を覚えそうになる。メッセージのやりとりがいくら順調でも、いざ顔を突き合わせてみても、よく知らない者同士であることには変わりないのだ。腹の内を探り合いながら、簡単に体を許すのではなく、リスクを回避してほしい。<取材・文/桃倉もも>
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
この記者は、他にもこんな記事を書いています